ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

誤診 米山公啓

 

誤診 (小学館文庫)

誤診 (小学館文庫)

 

 

あらすじ

北島紗江子はテニス中に経験したことのない疲労感に襲われ病院で診察を受けるも症状はよくならず、そのまま死亡してしまう。

 

 

死因は脳梗塞と家族には伝えられるが、中学生だった娘の麻里はその診察に疑問を抱く。

 

その後麻里は医師を目指し、研修医、臨床医としての経験を経て、あの時母を診察した曳田の経営する病院で働き始める。

 

曳田の誤診を暴くつもりが、徐々に奔放な性格の曳田に惹かれていき。。。

 

 

 

感想

現役の医師が書いた医療小説。

理系である医師が小説。しかも現役の忙しさの中で小説を書き上げるって才能があるってすごい。

 

ただ、医師が誤診について書くというだけでかなり期待してしまったのですが、医師がどうやって誤診という結果を招いたのかについての記述があまりなく。

 

曳田院長と看護婦との愛人関係や母を殺した人間かもしれないのに

どんどん好きになってしまう主人公という描写が多すぎるのにはうんざり。何の本だかわからない

 

医者だからこそ書くことができるリアルな医療現場の小説が読みたいと思いました。

 

 

 この小説はこんな人にお勧め!

  • 医者と看護師もしくは医者同志の恋愛に興味あり

 

この小説を気にいった人はこんな本がお勧め

 

現役精神科医の書く小説

 風花病棟 

 

風花病棟 (新潮文庫)

風花病棟 (新潮文庫)