ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

ララピポ 奥田英朗

 

 

ララピポ (幻冬舎文庫)

ララピポ (幻冬舎文庫)

 

 

 

あらすじ

6つの物語からなる小説
一つの物語に出てきた端役が次の物語の主役になっています。

 

1話目 

32歳の対人恐怖症で夜な夜な2階の部屋の情事を聞くことだけが楽しみのフリーライター。

自分に自信があるが実は重度の肥満症のため全くもてない。

 

 2話目

1話目で上の階で女性を抱いていた男性が主人公。

楽に稼ぎたいと思い風俗のスカウトマンをするもスカウトした女性に恋する男。

 

 

3話目

 2話で男にスカウトされたおばさん43歳専業主婦。

平凡すぎる毎日が嫌になりスカウトの話に乗ったらしい。

介護に疲れ義母を殺し、隠すためにゴミ屋敷となった家に住んでいる。家ごと燃やしてしまおうと4話の男に放火をお願いする。

 

4話目 

26歳断るということができないカラオケボックスの店員。

ストレスがたまって放火にはしるがそれを3話のおばさんに目撃され、黙っておくから私の家を放火しろと脅される。

その後3話のおばさんが逃げ遅れたかもと勘違いし自殺を図る。

 

5話目

52歳官能小説を書きながら女子高生相手に淫行を繰り返すおじさん

4話目のカラオケボックス内で援助交際していた中年男性というのがこのおじさん。

援助交際の最中に警察に踏み込まれてつかまりそうになるが、トイレに行くふりをして逃走

 

 6話目

28歳テープリライターの女。

1話目でフリーライターの杉山を図書館で誘惑したのがこの女性。

さらに5話目の官能小説の口述テープを文字にしているのもこの女性

部屋で男性との情事を隠し撮りをしておデブ専門のDVDとしてビデオショップに売るという副業をしている。

2話の男が登場しこの女性をスカウトしていたり3話と4話の主人公の事件がニュースで流れたりしていて物語の総決算といった感じ。

 

 

感想

成宮寛貴さん主演で2009年に映画化されている作品。

 

テーマは格差社会になるのかな。

明日の生活もままならない人達の話。

もうこれでもかってほど登場人物がアホで下品。

でもユーモアたっぷりに描かれています。

 

ただ、各章の終わりかたは救いがないのですが、6話目で出てくる登場人物のその後がちょっとした救いがあってほっとしたあたり登場人物にどっかにくめないところがあるんだと思います。

私としてはゴミ屋敷に住んでる女性の娘も次の話でとりあげて欲しかったなあぁ。。

好き嫌いわかれるかもしれませんが私は結構楽しみました。

 

ララピポの題名について

ラララPeopleという意味だと思ったのですが、(底辺でも強く楽しく生きてるよみたいな意味で)正解は「a lot of people」の略でした。

 

 

この小説はこんな人におすすめ!

  • 人生上手くいかないと落ち込んでる人に
  • こんな人生よりましだと笑いたい人に

 

この小説が面白かった人にお勧めの小説

 

主人公が引きこもりの男性。

女王様と私

 

www.xn--l8j1bc6fqgp016a.net