ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

ホテルローヤル 桜木紫乃

 

 

 

ホテルローヤル (集英社文庫)

ホテルローヤル (集英社文庫)

 

 

 

 内容(「BOOK」データベースより)

北国の湿原を背にするラブホテル。生活に諦念や倦怠を感じる男と女は“非日常”を求めてその扉を開く―。恋人から投稿ヌード写真の撮影に誘われた女性事務員。貧乏寺の維持のために檀家たちと肌を重ねる住職の妻。アダルト玩具会社の社員とホテル経営者の娘。ささやかな昴揚の後、彼らは安らぎと寂しさを手に、部屋を出て行く。人生の一瞬の煌めきを鮮やかに描く全7編。第149回直木賞受賞作。

 

あらすじ&感想

ラブホテルを舞台にした連絡短編集

 

1話から順に時間をさかのぼっていくという面白い趣向で書かれています。

 

1話目はすでにラブホテル廃墟になった後、そのせいか、小説全体がとってもさびしい感じ

それは、ラブホテルという言葉から連想される男女のじとっとした寂しさではなくて乾燥したほこりっぽさも感じれそうな寂しさでした。

 

 

 

1話

ヌ-ド写真をとりたい恋人に誘われてやってきたラブホテルの廃墟にやってきた女性
挫折から抜け出したいといっていたヌ-ド写真は、素人投稿の安っぽい写真。

 

なんとなく現実にありそうだなぁ。と思わせた作品。
彼の安い夢に気づいたなら抜け出せばいいのにそれをしない女性がもどかしいけど、でもそれがいかにもありそうで悲しい

 

2話

定期的に檀家と寝てお布施をもらっている僧侶の妻。
元看護婦の妻は看護に似ていると割り切って仕事をしていたが、
新しい檀家はちがっていて

 


3話

心中事件のせいで客足が途絶えたホテルの営業をやめることにしたオ-ナ-の娘
最後の日にアダルト玩具の引き取りにきた営業マンに

 


ここでホテルの経営者一族が登場してきます。
この最後の部屋が1話の撮影が行われた場所だったりと他の話とのつながりが見えてきます


4話

お盆の時期 僧侶(2話に出てくる僧侶)がうっかり忘れてしまったせいで浮いた5000円で主婦は夫をラブホテルにさそう

 

全体として時間をさかのぼっていくには7話くらいあったほうがよかったとは思うものの
個人的には2話と4話はいまいち 長編でいう中休みてきな感じなのかな

 

5話


主人公の教師は妻が20年もの間自分に妻を紹介した先輩教師と不倫をしていたことを知り絶望する。

隣には偶然あった生徒まりあ 彼女は両親に捨てられたらしい。

 

乾いた感じに描かれていて、最後に二人がどうなるかもまったく描かれてないんだけど、
すでに書かれたその後の話で彼らがホテルで心中することが読者にはわかっているという この演出がかなり斬新でよい☆

 

6話


ホテルの清掃人のみこ。10歳年下の無職の夫を持つ彼女は日々慎ましやかに生活している。
子供は3人いるが時々連絡してくる次男以外は連絡もない。
その次男がある日・・・


自分の境遇がどれくらい悲しくて不幸なのかということすら知らない主人公。

見ていてもどかしいかわいそうを通り越してなんだかイラっとする


7話


ホテルロ-ヤル誕生秘話 主人公は、山師に誘われて借金をしてホテルを開業することに


妻と今の愛人両方失いたくない、こつこつ働くんじゃなくてひとやま当てたいなんていう馬鹿男の見本のような男が主人公だけど憎めない人物ではある。
自分の父親がこんな人だったらいやだけど

 

この本を読んだ人はこんな本がお勧め

 乾いた感じの寂しさがここにも。

こちらもホテルの話です。

それを愛とは呼ばず (幻冬舎文庫)

それを愛とは呼ばず (幻冬舎文庫)