ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

家守 歌野晶午

 

 

家守 (角川文庫)

家守 (角川文庫)

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

九州から東京の一軒家に越してきた夫婦。間もなく妻が「誰かの目を感じる」と訴えだした。原因を探る夫がネットから見つけてきたのは、かつてその家で、凄惨な一家惨殺事件が起こったという記事だった。その日から、妻の様子がおかしくなり…。(「転居先不明」)密室で発見された主婦の死体が思わぬ事件を暴き出す表題作など、5つの「家」にまつわる人の悪意と謎。読者の予想を必ず裏切る、衝撃のミステリ!

 

 

 

あらすじ&感想 

家を題材にしたミステリー5編。

奇をてらった話が多くて少しホラー要素もあり私的には大満足。
よくよく考えるとあらがあるけど、短編だしこれで十分。

 


「人形師の家で」

人形の女性しか愛せない男が住む屋敷が舞台。

人形師の家で友達のサトルがある日忽然と消えた真相が大人になって明らかになる。


っとここまでは読んだことありそうな話だけど、そこにさらに人形師と主人公の関係をからませてるところがいい!

 

 

「家守」

寝ている間に密室で窒息死した妻。

第一発見者の夫はとてつもなく怪しいが・・・・。

 

 

密室トリックもの。

ただしトリックはかーーーーなり無理がある気がする。
そしてこの話も「人形師の家で」と同じく、一つの事件をもう一つの別の事件と合わせてあるんだけど、今回はそれがいまいち。いや「そんなうまくいくかーーーい」という突っ込みを楽しむ作品なのかも

 

「埴生の宿」

日給5万円のアルバイトは痴呆症の男の前で息子になりきり目の前で死んだふりをするというものだった。

 


これが一番面白かった。

実際自分がその場所にいたら和希と同じ行動をとりそうで怖い。
後味が悪いところも私的にはよかった。

 


「鄙」

昔話に出てきそうな田舎の村でおこる殺人事件。

 


生きてるように見せかけたってのは無理がある。
あと、主人公の兄が「官能小説家」っていう肩書なんだけど、その必要性が感じられない

でもミステリー小説としての完成度は高い!短編でなく長編で見たかったかも


「転居先不明」

田舎から東京にやってきた主婦はいつも誰かに見られてる気がして・・・

 

これも面白い!!
積極的に殺すわけじゃないけど、うまくいったら死んでくれるかも
っていう運を天にまかせた犯罪
という題材自体が面白いし、それをとってもうまく使ってる。

 このお話が好きだときっと正月十一日鏡殺しが好きなはず

雰囲気が似てます。

この本を読んだ人はこんな本がおすすめ

 同じく歌野さんの短編

新装版 正月十一日、鏡殺し (講談社文庫)

新装版 正月十一日、鏡殺し (講談社文庫)