家事は読書のあとで

ワンオペ育児のワーママです。読んだ本の備忘録のほか、子供との旅行、知育、家事時短術なども更新していきけたらと思います。

恋のゴンドラ 東野圭吾

 

 

恋のゴンドラ

恋のゴンドラ

 

 

あらすじ

 

スキー場を舞台にした連作短編集

 

 

結婚が決まってるけど、他のいい感じの子と初めて泊まりでスキー場に~って思ったら同じゴンドラに婚約者がいて~

 

みたいな現実にはそうそう起きない都合のいい展開の連続ですがちゃんとドキドキハラハラできます。

 

最後には最初のゴンドラに舞台が戻ってくるところも面白かったです。

 

感想

 

東野圭吾作品を

「力抜いてる作品」と「気合入ってる作品」に

わけたとしたら間違いなく前者

 

白夜行やさまよう刃みたいな気合入ってる作品も好きですが、こういう恋愛どたばたコメディも結構好きです

 

ただ描かれてる男女像が舞台がスキー場であることを除いても若干古い気がする

 

遊び人の男も真面目で空気読めない男もなんとなくトレンディドラマぽいキャラ。

 

私がそう思うくらいだから若い子は絶対強烈な違和感を感じている気がする。

 

 

 この本はこんな人におすすめ

  • 短編連作集が好きな人
  • スキー場が舞台の話が好きな人
  • 電車の中でサクッと読みたい人

 

この本が面白かった人はこんな本がおすすめ

 短編。サクッと読めるけどちゃんとおちもありすっきり

www.xn--l8j1bc6fqgp016a.net

 

短編連作集 下品だけど憎めない人たちが主人公

www.xn--l8j1bc6fqgp016a.net