ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

人魚の眠る家 東野圭吾

 

 

人魚の眠る家 (幻冬舎文庫)

人魚の眠る家 (幻冬舎文庫)

 

 

 

あらすじ

 

主人公の播磨薫子の娘が水難事故により脳死とおもわれる状態になってしまう。

 

一度は臓器提供のための脳死判定を行おうとするがその瞬間わずかに指が動いた気がして薫子は娘と共に生きることを選択する。

 

夫の会社の技術により呼吸器も外れまるでただ眠っているかのような娘の世話をする薫子。状態はよく心臓は動き続け娘の体は成長を続ける。

けれど娘が目を覚ますことはなく…

 

 

ここからネタバレ

 

寝ているように見える娘。

でも娘はすでに死んでいるという周りの声は高まるばかり。

薫子はそこで娘を殺そうとする。

ここで警察が私を捕まえてくれたら、その時まで娘は生きていたことになるから…

 

その後娘は薫子の夢に出て来て最後のお別れをする。その後体の状態は急速に悪くなりそれにより薫子は死を受け入れる。

そして今度こそ脳死判定を受け娘の心臓は移植を待つ子供のもとへ

 

というところで終わる。

 

 

感想

母親の気持ちが痛いくらいわかる。

私は普段からもしものことがあれば臓器移植して欲しいことを臓器提供意思表示カードに記載しているけど、子供達は話が別。

 

私は脳死が本当の意味での死だと考えているし、心臓移植を待つ子供達のことも知っているけれどそれでもこの母と同じ選択をしてしまいそう。

 

 

印象に残った言葉

母親の薫子の言葉

この世には狂ってでも守らなきゃいけないものがあるる。そして子供のために狂えるのは母親だけなの

 

父親だって子供のために狂うと思いますが、確かに私が狂うとしたらそれは子供のことでだなと思います

それ以外のことなら乗り越えられる気がするので。

 

この小説はこんな人におすすめ

  • 脳死とは?死の定義とは?について考えたい方
  • 東野圭吾作品が好きな方

 

この小説が好きな方はこんな本がおすすめ

父親も娘のためなら狂います

さまよう刃 (角川文庫)

さまよう刃 (角川文庫)

 

 

 

脳死ではなく最初から脳がなかったら?それは生きてることになるのか?

無脳症の赤ちゃんから臓器を移植する話

 

臓器農場(新潮文庫)

臓器農場(新潮文庫)