家事は読書のあとで

ワンオペ育児のワーママです。読んだ本の備忘録のほか、子供との旅行、知育、家事時短術なども更新していきけたらと思います。

おれは非常勤 東野圭吾

 

 

おれは非情勤 (集英社文庫)

おれは非情勤 (集英社文庫)

 

 

 

あらすじ


クールでドライな先生が赴任先で色々な事件を解決していく話

と子供の視線で子供が事件を解決していく話

 

 

感想

もともとは小学生むけに書かれたものらしくいじめについてや人間の弱さについてや逃げないことの大切さを最後に子供たちに簡単に伝わるような言葉で書いてます。

 

トリックというほどのトリックでもないですが、ミステリーや探偵ものが好きな小学生が読むと楽しめると思います。

 

最後の幽霊からの電話は、世にも奇妙な物語でやると感動的に仕上げることできるかも

 

大人が読むんだったら電車の中がお勧め



この本はこんな人におすすめ

  • 教師になりたい人
  • 短編小説が好きな人

 

この本が面白かった人はこんな本がお勧め

教師が主人公の話

 

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

 

 

 

悪の教典〈上〉 (文春文庫)

悪の教典〈上〉 (文春文庫)