ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

お母さんのための「男の子」の育て方 高濵正伸

 

 

お母さんのための「男の子」の育て方

お母さんのための「男の子」の育て方

 

 

 

内容紹介

テレビ(「情熱大陸」「カンブリア宮殿」「ソロモン流」)、ラジオ(「垣花正 あなたとハッピー」)、朝日新聞土曜版「be」、雑誌(「週刊女性」「AERA with Kids」)などで評判の高濱正伸先生、待望の最新刊! 

3歳から10歳までの大事な時期の男の子の育て方

勉強だけでなく、「生き抜く力」を身につけるために、しつけから外遊びまで面倒をみるユニークな学習塾として評判の「花まる学習会」。
そこでの20年間の経験からわかった、男の子を育てるうえでとても大切なことをタカハマ先生がすべてお話しします。
女であるお母さんが意外と知らない男の子の特徴について、
将来メシが食えて頼りになる男になるための「自立」について、
まわりからも好かれてお母さんも大事にする人間的な「魅力」について、
そしてお母さんだからできる「学習」面での導きについて……。
具体的なエピソードを交えながら、熱く語ります。

子育てに日々戸惑い悩んでいるお母さんを救う一冊です。

 

内容

男の子の特徴一人で飯が食えて頼りになる男に育てる周りから好かれてお母さんも大事にする男にするお母さんが自慢しちゃうほど優秀な男に育てるの4本立て。

 

正直苦手でしたこの人。

 

まずたいていの男性は女性に対して「女はくだらないことばかりよくしゃべるよなぁ」と思っています。

 

男には「大切なこと以外はどうでもいい」という感覚があるので、生活のちょっとしたこと例えば、「ここに洗濯ものを入れてね」などは男にとっては「些末なことだからいいじゃないか」となるのです

 

 

っていうのが第一章のはじめに書いてあって、女性にも男性にも失礼な人だなという印象で読み始めることに。

 

 

 

男の子の特徴

とりあえず息子にあてはまってるかどうかを記録

  • 〇落ち着きがない じっとしていては無理
  • ◎何度言っても忘れる・片づけはできない 
  • △好きなことしかやらない 
  • 〇冒険やスリルがあるものが好き(冒険は好きだけどスリルは嫌い)
  • ×勝ち負けが好き
  • ×戦いごっこが好き
  • ×けんかしながら仲良くなる
  • △品のないことが好き
  • △汚いことを気にしない
  • △飽きっぽい 動くものが好き
  • 〇字が汚い
  • 〇行動が遅い
  • 〇オタク傾向収集癖がある 石を集めている
  • ◎理屈で納得する
  • ◎お母さんが世界で一番好き

 

一人で飯が食えて頼りになる男の子育てる

  • 早寝早起き
  • 休まない
  • 忘れ物手助けしない
  • 挨拶をちゃんとする
  • 礼儀マナーをしっかり
  • 約束は目に見える形で行う カレンダーなどを使う
  • 身だしなみは相手のためと教える
  • なにくそ根性を育てる
  • 得技をもつといじめられない
  • 漢字学習は忍耐と達成感が得られる
  • 運動コンプレックスをなくすために一緒にやる
  • これだけは負けないものを一つ見つける
  • 不必要に買い与えない
  • 早く大人になりたい気持ちをはぐくむ

まわりから好かれてお母さんも大事にする男に育てる

  • 僕のことを好きが自信につながる
  • 喧嘩を回避、除菌しすぎない
  • 分刻みのスケジュールではんく長期の休みでもいいからとことんやりきる経験
  • 物事をいちいち事件化にしない
  • 子供の前で悪口や愚痴を言わない
  • がみがみしない
  • 勉強さえできればいいのではなく一番大事なのは思いやり
  • マイナスなことをいうのではなくプラスのイメージで次につなげる
  • 道に迷った時でもおもしろがれる人に

 

お母さんがつい自慢しちゃうほど優秀な男に育てる

  • 答えでなく考える過程が大切
  • 考えるのが楽しいと思える問題を
  • 机に向かう姿勢は丁寧に
  • 字はスピードを重視
  • ことばをきちんと話させる
  • 漢字は身近なところから
  • わからない言葉をそのままにしない
  • 背中でかたって本好きに 母親が本好きだと子供も
  • しりとりでことばを増やす
  • アナログ時計はよい
  • お手伝いさせて工夫する力
  • 子供の「なぜ?」をほめる
  • 自然から学ぶ
  • ボードゲームはお父さんに手伝ってもらって
  • 作る、説明するが将来につながる

 

まとめ

読んだ感想としては、古くから言われてることを書いてる本

挨拶を大切にや早寝早起きをしましょうとか自然から学ぼうとか成績よりも思いやりが大事とか間違ってはないんだろうけどでもそれくらいは知ってるからという内容が多い。

 

また、男女に差がないとは言わないし、男女の育て方の違いについて学びたくてこの本を手に取ったんだけど、この方の考える男の子があまりにもテンプレで本当なの??って首をかしげたくなりました。

 

ゲームが害悪だと語っていたり、ボードゲームは父親と(母親はこういうの興味ないから)と書いてあったり、おじいちゃんが書いた育児本って感じでした。