家事は読書のあとで

ワンオペ育児のワーママです。読んだ本の備忘録のほか、子供との旅行、知育、家事時短術なども更新していきけたらと思います。

ホワイトラビット 伊坂幸太郎

 

 

ホワイトラビット

ホワイトラビット

 

 

 内容(「BOOK」データベースより)

仙台で人質立てこもり事件が発生。SITが交渉を始めるが―。伊坂作品初心者から上級者まで、没頭度MAX!書き下ろしミステリー。

 

登場人物

兎田孝則

誘拐ビジネス(誰かを誘拐して見返りに金銭又はそれ以外のことをしてもらう)グループの下っ端

綿子ちゃん

兎田の愛する妻

黒澤

探偵兼泥棒 伊坂作品ではよく出てくる

中村&今村

黒澤の泥棒仲間 ぼけ担当

若葉

今村の同棲相手

折尾

コンサルタント 別名オリオオリオ オリオン座の話ばかりする

稲葉

誘拐ビジネスのボス

勇祐とその母

ずっとさえない人生を送ってきた

夏之目

警察官。最愛の娘と妻を事故で亡くしている

春日部&大島

警察官

 

ネタバレありのあらすじ

先に行っておくとこの話こそネタバレを読まずに先に読むのをおすすめします

 

読んだ後でそういえばこれってどういう話だったっけ?って人向けのネタバレ。

 

小説は登場人物目線以外に作者自身の目線で書かれていて、この作者が今この物語がどういう状況かを逐一説明してくれるのでややこしくないです。

 

ここからネタバレ

 

誘拐グループの一員だった兎田の大好きな綿子ちゃんが、誘拐グループのボスに誘拐されてしまう、受け渡しの条件は「グループのお金を持って逃げ、今そのお金のありかを知ってる唯一の人物オリタオリオを連れてくること」

 

そのころオリタオリオは道で祐輔にぶつかり、蹴ろうとしたところ

しがみつかれ後頭部を強打して死んでしまいます。

 

勇輔はそれを母に相談し、二人は死体を家にもって帰ります。

 

泥棒の黒澤はある誰もいない家で泥棒仲間の今村と仕事を終えたところでしたが、今村がこの家に来る前に隣の家に間違って入ってしまいメモをその家に落としてきたとしり隣の家の2階へ忍び込みます。

 

兎田はオリオオリオにつけた発信機から勇輔の家にオリオがいると

思い、勇輔の家に。

 

そこで勇輔と勇輔の母に遭遇し縛り上げオリオの居場所を聞きます。

でもそこにオリオはおらず(実際は死んでいて隠されている)代わりに黒澤が。

 

最初はこの黒澤が二人の父のふりをして兎田を騙そうとしますが、

途中でばれ、そして黒澤がオリオの死体を見つけたことで兎田は自分の置かれている状況(綿子ちゃんが誘拐されてオリオをみつけないと殺されること)を説明し相談します。

 

黒澤は隣の家(最初に仕事に入った家)を誘拐の舞台として、泥棒仲間と若葉ちゃんに誘拐犯と被害者の役をしてもらい立てこもり現場としてテレビ中継してもらうことにより稲葉にそこに兎田がいるように見せかけ、犯人の要求としてオリオを探せと言い、その辺をオリオのふりをして歩いている黒澤がオリオに扮して警察の力を使って稲葉のいる場所をつきとめ綿子ちゃんを救う作戦を思いつき決行。

 

稲葉が途中で悪ならではの勘で危うく計画がとん挫しそうになるも、泥棒仲間の好奇心と黒澤の周到さのおかげでなんとかすべて丸く収まるというお話

 

 

感想

あらすじの出来事が時間軸がずれて書かれているのですが 作者が時々小説にでてきて解説してくれているので混乱せずに読めます。

 

黒澤さんファンの私としてはまた黒澤さんのシリーズで嬉しくなりました。

 

 

伏線が見事に回収されていてオセロひっくりかえすように事態がころころかわりますが無理なくてすばらしい

 

ラッシュライフ、フィッシュストーリーに出てくる今村&中村の泥棒コンビと若葉さんも出てきます。

 

 

後この勇輔ってもしかして足引きずってるいつも登場の田中さんでは??

 

好きな言葉

海よりも壮大な光景がある。それは空だ。

空よりも壮大な光景がある。それは人の魂の内部。

人の心は、海や空よりも壮大なんだよ。

 

そういう無駄なところが、物語を豊かにするんだから。

 

一人ずつはいい人間でも、集団や会社になったら、

倫理や道徳よりも別のものが優先される。

 

この本を読んだ人はこんな本がお勧め

 

黒澤さんが出てくる小説

 

www.xn--l8j1bc6fqgp016a.net

重力ピエロ

砂漠

フィッシュストーリー

首折り男の協奏曲