家事は読書のあとで

ワンオペ育児のワーママです。読んだ本の備忘録のほか、子供との旅行、知育、家事時短術なども更新していきけたらと思います。

名探偵の呪縛 東野圭吾

 

 

名探偵の呪縛 (講談社文庫)

名探偵の呪縛 (講談社文庫)

 

 

 

内容紹介

図書館を訪れた「私」は、いつの間にか別世界に迷い込み、探偵天下一になっていた。次々起こる怪事件。だが何かがおかしい。じつはそこは、「本格推理」という概念の存在しない街だったのだ。この街を作った者の正体は? そして街にかけられた呪いとは何なのか。『名探偵の掟』の主人公が長編で再登場。

 

あらすじ

名探偵の掟の続編。

前回は全体的にコメディタッチの短編でしたが、今回は長編。

 

小説家が名探偵天下一として「本格ミステリーがない世界」に名探偵天下一として迷い込んでしまう。

 

その町は歴史がない町でその歴史の代わりとしてあった博物館で発掘されたミイラのそばから‘あるもの’が盗まれてしまう。

その‘あるもの’を盗んだ犯人を捜すために呼ばれたのが天下一。

しかし関係者が次々本格ミステリーのトリックにより殺されて・・・

 

ここからネタバレ、

このあ‘あるもの’がミステリー小説。

それを盗まれ読まれてしまったことにより平和だった世の中には 事件が発生。

密室トリックや 犯人が実は一人ではなく・・など推理小説ならではの事件が度々起こり天下一になった作者がその事件を 解決していく

 

最後に天下一は自分が作家でここが作られた世界だと気づき、元の世界に戻っていくが、前回のように本格推理を封印するのではなく(この作品に出てくるミイラは前回の作品で自殺したと思われる天下一)、また後この世界は戻ってくる世界であることを示唆して終了

 

 

感想

前回は本格推理に喧嘩うっちゃったけど、懐かしくなったら時々帰ってくるのもありだよねって思って書いた小説だと思うんだけど、前作に比べると面白くなかった・・・

 

掟で本格ミステリーを面白おかしく批判して、呪縛で本格ミステリーを懐かしんで、ときたから3作目ででもやぱり本格ミステリーは古いし無理あるよねと笑いとばしてくれたらシリーズとして楽しめそう。

 

 

この本はこんな人におすすめ

  • 天下一シリーズが好きな人
  • ちょっと昔の本格ミステリーが好きな人

 

この本が好きな人はこんな本がお勧め

名探偵の掟