家事は読書のあとで

ワンオペ育児のワーママです。読んだ本の備忘録のほか、子供との旅行、知育、家事時短術なども更新していきけたらと思います。

捨てる アンソロジー 

 

 

アンソロジー 捨てる (文春文庫)

アンソロジー 捨てる (文春文庫)

  • 作者: 大崎梢,近藤史恵,篠田真由美,柴田よしき,永嶋恵美,新津きよみ,福田和代,松村比呂美,光原百合
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/10/06
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログを見る
 

 

あらすじ

人気女性作家が9人集まり「捨てる」をテーマに書いた作品

 

箱の中身は 大崎梢

男は公園で箱をもった少女に出会う。

女の子は「中身を捨てるまで帰ってきたらダメ」と言われたその箱を男に手渡し・・・

 

勝手にホラーを想像してたらとってもほっこりする話。

 

蜜腺 松村比呂美

息子は義母の借金のために自殺した。

それでもまだ義母はお金を無心してくる。

私は今日も義母の元へ食事を届けに行く・・・

 

今度はホラー。

ウツボカズラの蜜で復讐なんて甘すぎると思うけど・・・

主人公にはもっと自由に生きて欲しい。

 

捨ててもらっていいですか? 福田和代

92歳で他界した祖父の家から昔の拳銃が見つかる。

確かに戦時中の武器をそのまま今もどこかに隠し持っている人は少なくない気がするな・・・・

 

forget me not 篠田真由美

母が残したツボ。骨とう品のお店にもっていくとそれは・・・

 売るものではないけど捨てれないものって処分に困るよねぇ

四つの掌編 光原百合

 短いお話

 

お守り 新津きよみ

子供のころに大好きな祖母からもらった手作りのお守り。

ある日その中身が変わった??あの中身は一体・・・

 

ババ抜き 永島恵美

会社の旅行に参加したのはお局の3人だけだった。

3人で始めたババ抜きの罰ゲームは秘密の暴露

 

幸せのお手本 近藤史恵

両親が中学のころ離婚したため祖父母の家で暮らしていた主人公。

幸せのお手本は祖父母。

 

花子さんと捨てられた白い花の冒険 柴田よしき

花子は花が好き。

ある日花を捨てようとしている男性を見つけ譲ってもらう。

男性の妻は花を育てていたがもうすぐ終わるパンジーを捨ててきて欲しいと夫に頼んだのだった。

次の日男はまた違う花を捨てようとしていて・・・

 

 

 

まとめ

同じテーマでもかなり違う作品になってる

すごいなぁ作家。

柴田さんや永嶋さんが好み。