家事は読書のあとで

ワンオペ育児のワーママです。読んだ本の備忘録のほか、子供との旅行、知育、家事時短術なども更新していきけたらと思います。

ジェネラルルージュの凱旋 海堂尊

 

 

ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュの凱旋

 

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。それは救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着しているという、匿名の内部告発文書だった。病院長・高階から依頼を受けた田口は事実の調査に乗り出すが、倫理問題審査会(エシックス・コミティ)委員長・沼田による嫌味な介入や、ドジな新人看護師・姫宮と厚生労働省の“火喰い鳥”白鳥の登場で、さらに複雑な事態に突入していく。将軍(ジェネラル・ルージュ)の異名をとる速水の悲願、桜宮市へのドクター・ヘリ導入を目前にして速水は病院を追われてしまうのか…。そして、さらなる大惨事が桜宮市と病院を直撃する。

 

あらすじ

桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた

 

それは救命救急センター一部長速水が特定業者と癒着しているという、匿名の内部告発文書だった。

 

院長の高階から依頼を受けた田口は事実の調査に乗り出すが、新人看護師姫宮や厚生労働省の白鳥の登場で、さらに複雑な事態に突入していく。

 

速水の悲願、桜宮市へのドクター・ヘリ導入を目前にして速水は病院を追われてしまうのか……。

感想

2作目の作品と同時進行で起こっている事件という設定

今回は、救急救命センターが舞台。
センター部長の速水が特定業者と癒着していると密告があってそれを速水と同期のグッチーこと田口が調査する話なんだけど、今回はそれが本当かどうかとかではなく癒着しないといけなかったのはなぜか?ということが物語の本筋でした。

 

で、主人公のセンター部長である速水さん本の中でこれでもかってくらいめちゃくちゃカッコよく書かれてました。

 

実際こんな人いたら逆にやりづらいだろうけど、でも本で読んでる分にはとてもよかった女性に慕われるのも分かる。

(でも、この本に関して言えば恋愛描写はいらなかったかも。なんとなく女性の描写がいかにも男性が考える女性像でいまいちだと感じた)

 

それとは逆に倫理会にいる沼田教授の腹が立つこと・・・
なので今回はそんな沼田にガツンといってくれるゴキブリ白鳥がとてもカッコよく見えてしまいました

ということで人物描写は面白かったです


ただ、結構ありきたりな題材だし。文章も相変わらず雑な気がする。

 

 

この本はこんな人におすすめ

  • 田口と白鳥のシリーズが好きな人

 

 この本を読んだ人にはこんな本がお勧め

 

新装版 チーム・バチスタの栄光 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

新装版 チーム・バチスタの栄光 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

 

 

 

新装版 イノセント・ゲリラの祝祭 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

新装版 イノセント・ゲリラの祝祭 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

 

 

 

ブラックペアンシリーズ【全3冊合本版】

ブラックペアンシリーズ【全3冊合本版】

 

 

 

スカラムーシュ・ムーン (新潮文庫)

スカラムーシュ・ムーン (新潮文庫)