ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

「この恋愛小説がすごい!2006年第1位」ナラタージュ 島本理生

 

 

ナラタージュ (角川文庫)

ナラタージュ (角川文庫)

 

 

 

ナラタージュ Blu-ray 豪華版

ナラタージュ Blu-ray 豪華版

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

お願いだから私を壊して、帰れないところまで連れていって見捨てて、あなたにはそうする義務がある―大学二年の春、母校の演劇部顧問で、思いを寄せていた葉山先生から電話がかかってきた。泉はときめきと同時に、卒業前のある出来事を思い出す。後輩たちの舞台に客演を頼まれた彼女は、先生への思いを再認識する。そして彼の中にも、消せない炎がまぎれもなくあることを知った泉は―。早熟の天才少女小説家、若き日の絶唱ともいえる恋愛文学。

 

 

 

 

あらすじ

大学2年の春、高校の演劇部の顧問から電話がかかってくる。

片思いだった相手からの電話にときめくが内容は「後輩のために

卒園公演に参加してほしい」という内容。

思わず「それだけですか?」といったら、先生は「ひさしぶりに君とゆっくり話がしたいと思っていた」といってきた。

久しぶりに会う二人は・・・

 

 

感想

この間読んだREDと主人公を大学生に変えただけなのに、主人公の泉の一生懸命さがまぶしいし、男結構な屑だけど淡くいい思い出に昇華しそうで嫌悪感を感じませんでした

 

 

www.xn--l8j1bc6fqgp016a.net

 

泉が壊れるほど好きだった先生は、高校で孤独だった泉の心にするするっと入ってきて既婚者にも関わらず卒業の日にキスしておきながらそのまま放置。

その2年後しれっと電話してきて、愛を確認しあうも、結局夫は妻の基に戻るっていう文字で書くとどこがいいの?

って感じですが

 

まぁそのどこがいいのって人にはまることを許される、ところも含め

若さって強い!若いのうらやましいってなる本でした(笑)

 

 

この本を読んだ人はこんな本がおすすめ

 

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

 

 

 

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)