ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

逝年 石田衣良

 

 

逝年 (集英社文庫)

逝年 (集英社文庫)

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

人生にも恋愛にも退屈していた二十歳の夏、「娼夫」の道に足を踏み入れたリョウ。所属するボーイズクラブのオーナー・御堂静香が摘発され、クラブは解散したが、1年後、リョウは仲間と共に再開する。ほどなく静香も出所するが、彼女はエイズを発症していた。永遠の別れを前に、愛する人に自分は何ができるのか?性と生の輝きを切なく清澄にうたいあげる、至高の恋愛小説。傑作長編『娼年』続編。

 

 

あらすじ

男性の娼夫として働いていたが、自分のことを好きな女性が警察にチクったせいでクラブのオーナーが摘発されるまでが娼年。

 

その後、仲間と共同経営でもう一度クラブを再開する。

 

そしてオーナーが帰ってくるもオーナーはエイズを発症していて

まもなく死んでしまう。っというのが今回の逝年。

 

感想

娼年も男性が娼年として働くという設定以外はあまり深みのないエロ恋愛小説といった感じだったけど今回はその設定の新鮮味もないのでうーん 官能小説なのかな?ってなります

 

前作があってこその作品といった感じかな・・・

 

 

 この本を読んだ人にはこんな本がおすすめ

 まだ読んでない人はこちらから

娼年 (集英社文庫)

娼年 (集英社文庫)

 

 

 そしてなんと第三弾もあった!

爽年

爽年