ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

だから荒野 桐野夏生

 

 

だから荒野 (文春文庫)

だから荒野 (文春文庫)

 

 

 

だから荒野 DVD‐BOX

だから荒野 DVD‐BOX

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

こんなにいとも簡単に夫と息子を捨てられるとは。


会社員の夫と、大学生と高校生の息子たちとともに東京の郊外で暮らす主婦・朋美。
日々家庭を支えてきた苦労を理解しようともせず、夫はその場しのぎの言葉ばかり、
息子たちは、「キモいおばさん」扱い。
46歳の誕生日の席で、朋美を軽んじてきた彼らに対し、ついに反乱をおこす。
身勝手でわがままな家族たちとは決別。レストランの席を立って、夫の愛車で
高速道路をひた走る――。
家出した妻より、車と女の住所が入ったゴルフバックが気になる夫をよそに
かつてない解放感を味わうが、車を失い、ヒッチハイクで出会ったのは、原爆を語り継ぐ老人と青年だった。

家族とどう生きるかの孤独と希望を描いて、新聞連載時大反響を呼んだ話題作、ついに文庫化!

〝家族〟という荒野を生きる──。

 

 

あらすじ

アラフィフの専業主婦が自分勝手な夫とすっかりかわいくなくなった

大学生と高校生の息子に嫌気がさして家出する話。

 

その後いろいろあって家に戻って終わる。

 

 

感想

 

まず、高校生の男の子や大学生の男の子の母親へのキツイ言葉に将来の息子をみて凹みました(笑)

 

そして、夫。

自分はゴルフにいって家事も育児も全部妻に任せておきながらあの態度もあり得ないけど妻がゴルフバッグの入った車に乗って家出したからってベンツとゴルフセット新たに買っちゃうって・・・

ここでぶちぎれるわ。

 

でも主人公も「月20万円しか生活費くれない・・・」って愚痴ってたけど、子供が野菜食べないし好き嫌い多いからって理由でほぼ料理しない専業主婦が月20万円ってまぁまぁいい金額だと思う

 

 

子育てというブランクがあるのはわかるけどそれでもほぼ食事作らなくていいなら子供が高校生になる前に働く選択肢をとれたんじゃないかなぁ。 

 

 

というわけで全員がいろいろ難ありの家族でしたが、まぁ夫婦それぞれの着地点があるんだなーっと思った小説でした。

 

  この本を読んだ人はこんな本がおすすめ

専業主婦だとどうしてもママ友とのかかわりも深くなり・・

 

ハピネス (光文社文庫)

ハピネス (光文社文庫)