ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

イノセントデイズ 早見和真

 

 

イノセント・デイズ (新潮文庫)

イノセント・デイズ (新潮文庫)

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

田中幸乃、30歳。元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪で、彼女は死刑を宣告された。凶行の背景に何があったのか。産科医、義姉、中学時代の親友、元恋人の友人、刑務官ら彼女の人生に関わった人々の追想から浮かび上がる世論の虚妄、そしてあまりにも哀しい真実。幼なじみの弁護士たちが再審を求めて奔走するが、彼女は…筆舌に尽くせぬ孤独を描き抜いた慟哭の長篇ミステリー。日本推理作家協会賞受賞。

あらすじ

田中幸乃30歳は元恋人をストーカーしつづけたあげく、その妻と1歳の双子の子供を放火により殺害した罪で死刑判決を受ける。

 

劣悪な家庭環境で育ち、中学時代には強盗殺傷事件を犯し、整形手術を事件前に行っている。

いわゆるいかにもな犯人としてとりあげられている犯人。

 

しかし、その後彼女の人生にかかわった人物の追想録によりその犯人像が大きく変わっていき・・・というお話。

 

 

ネタバレ

母は若くして幸乃を産んでいるが劣悪な環境ではなく、中学の強盗殺傷事件は友人の身代わり、ストーカーした相手は暴力をふるいギャンブルしまくる最低男、整形手術はストーカーをやめ生まれかわるため。

と追想録を読むうちに彼女の印象が変わっていきます。

 

「人から必要とされたい」という気持ちが強すぎて、唯一の友人からは犯罪の身代わりにされて、恋人からはひどい目にあわされてとかわいそうな主人公。

 

で、彼女が認めている3人の殺害も冤罪。

真犯人はその辺の近所の不良グループ。

老人に注意されて腹が立ち仕返しとして火をつけたら別人の家でしかも予想を超える火事となってしまい起こった事件だった。

 

犯人は身代わりになっている見知らぬ人が死刑になるという罪の重さに耐えられずバイク事故により他界。

全てを知っていた彼の祖母がようやく重い口を開き、真相がわかって彼女の無実が・・・・

 

って日に死刑執行。

 

 

でなんで無実の罪なのに幸乃は罪を認めたのかというと

何度も裏切られたことにより、次にもし本当に必要としてくれる人がいるとしたらその人に見捨てられるのが恐い。命を失うより怖い

 

と考えた幸乃が、誤認逮捕により自分の命が失われるのはチャンスだと考えたからでした。

 

感想

読んでてイライラするのを楽しむ小説だと思う

 

主人公の悲劇のヒロインぶる性格も周りの人間の性格もめっちゃイライラします。

 

一例をあげると「小さいころ女の子を守ると約束していた幼馴染」約束をかなえることができるポジションである弁護士になってて事件の容疑者が幼馴染と気づき、いかにも彼女を救いそうなポジションなのに鈍感でヒーローぶってる浅い人間で何も解決せず!

 

この本を読んだ人にはこんな本がおすすめ

 

 

女性が転落していく話は、周りの環境はもちろん本人にもどうなの?って部分が多い

 

 

嫌われ松子の一生 (上) (幻冬舎文庫)

嫌われ松子の一生 (上) (幻冬舎文庫)

 

 

 冤罪がテーマ

 

13階段 (講談社文庫)

13階段 (講談社文庫)

 

 

 

ゴールデンスランバー (新潮文庫)

ゴールデンスランバー (新潮文庫)