ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

さまよう刃 東野圭吾

 

 

 

さまよう刃 (角川文庫)

さまよう刃 (角川文庫)

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

長峰の一人娘・絵摩の死体が荒川から発見された。花火大会の帰りに、未成年の少年グループによって蹂躪された末の遺棄だった。謎の密告電話によって犯人を知った長峰は、突き動かされるように娘の復讐に乗り出した。犯人の一人を殺害し、さらに逃走する父親を、警察とマスコミが追う。正義とは何か。誰が犯人を裁くのか。世論を巻き込み、事件は予想外の結末を迎える―。重く哀しいテーマに挑んだ、心を揺さぶる傑作長編。

あらすじ

妻に先立たれて、娘と二人で慎ましくも幸せに暮らしていた主人公

ある日その大事な大事な娘が不良グループにより蹂躙されてあげく殺されてしまう。

しかも、犯人たちは未成年。

主人公は少年法で守られている彼らを自分の手で復讐することにするというお話

 

 

感想

復讐をテーマとする作品によくある「加害者の意外な優しい一面」は一切書いてなくてこの本では最初っから最後まで加害者は絶対悪として書かれてました。

そうやって犯人を絶対悪とすることで少年法の問題をより明確に示したかったのだろう。

まんまとその術中にはまり、父親の復讐を応援したくなり、そして少年法についても改めてその年齢設定等に疑問を感じてしまいました。

 

で、復讐ものは、最後まで完遂することはないというセオリー通り最後には悲しい結末が待っていて。

もうやるせない…。

 

そういう意味ではひねりないなぁと思わなくもないけど、でも東野圭吾さんが書いてるだけあって「大切な人を殺した犯罪者は少年法によって守られてるから自分の手で復讐してやる」部門があったとしたらその中では断トツに面白いと思う。

 

 

この本を読んだ人はこんな本がおすすめ

子供が殺されたことによる復讐劇

 

死神の浮力 (文春文庫)

死神の浮力 (文春文庫)

 

 

 

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

 

 

 

天使の屍 (角川文庫)

天使の屍 (角川文庫)

 

 

こちらは妻が被害者だけど少年犯罪

 

天使のナイフ (講談社文庫)

天使のナイフ (講談社文庫)