ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

絶望ノート 歌野晶午

 

 

絶望ノート (幻冬舎文庫)

絶望ノート (幻冬舎文庫)

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

中2の太刀川照音は、いじめられる苦しみを「絶望ノート」と名づけた日記帳に書き連ねた。彼はある日、頭部大の石を見つけ、それを「神」とし、自らの血を捧げ、いじめグループの中心人物・是永の死を祈る。結果、是永は忽然と死んだ。が、いじめは収まらない。次々、神に級友の殺人を依頼した。警察は照音本人と両親を取り調べたが、殺しは続いた。

 

 

あらすじ

ひどいいじめへの恨み両親への怒りを日記に書く主人公。
ある日「神様。いじめの中心的人物を殺してください」と願うと簡単に願いがかなった。
神様への祈りが通じた??
それをきっかけにどんどん願いがかない人が死んでいくという話。

こっからネタばれですが
実はいじめの事実はなく両親に読んでほしくて書いたノートだったというのがオチ

 

で、読んだ母と父と先生(実は異母兄弟だった)がノートを読んで子供の代わりに復讐していた

 

ただイラつくだけでいじめっことしてノートにかかれ殺された子がかわいそうな結末。

 

 

 

感想

全体を通しては、伏線はこれでもか!!っというほどちりばめられているのでほとんど筋は読めてしまうのですがそれでも最後は驚けて面白かったです。


ただ、中学2年生の日記を通して話が進むので意図的とはいえつたない文章をずっと読まないといけないのはかなり面倒でした。

 

もうちょっとその部分を短くできたらさらに面白かったかも

 

 

この本を読んだらこんな本がおすすめ

 

日記形式の小説

 

アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)

アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)