ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

セブン 乾くるみ

 

セブン (ハルキ文庫)

セブン (ハルキ文庫)

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

一見シンプルなトランプの数当てゲームが、生死をかけた心理バトルへと変貌する「ラッキーセブン」ほか、時間を何度もワープする男の話――「TLP49」、超ショートショート――「一男去って……」、戦場で捕らえられた兵士の生き残り作戦とは――「ユニーク・ゲーム」などロジカルな企みに満ちた七つの物語。トリッキーな作品世界に二度読み三度読み必至の驚愕の短篇集。

 

 

あらすじ

 

ラッキーセブン

女子高生の眉子が「トランプの数あてゲーム」を思いついて皆ですることに、でもそれは眉子が寿命の半分を悪魔にあげたことで実現した最後の一人が残るまで行われる死のデスゲームだった。

 

ルールが難しいけど気にせず読んじゃうのが吉。

まけると首が切断されるという何とも恐ろしいルールだけど結構ユーモアもあって読んでて楽しい。

3回くらい読んで彼女らの頭脳戦にようやく追いつけました

 

小諸-新鶴343キロの殺意

新興宗教の幹部6人を殺害し教祖とその妻を誘拐した男。

7つの大罪、七福神、を完成させるためにもう一人殺さないと

 

こじつけがすごい。

警察側もよく七福神をモチーフってわかったな。

この後は双葉町でとかいってたから原発を狙うんだろうな

 

殺人テレパス七対子

7組の双子を二つのスタジオにわけ意思疎通実験を行っていた時に起こった殺人事件

トリックもありThe推理小説な作品

 

 

TLP49

命の危機が訪れると直前から49分後までを7回に分けたタイムリープがおこる男の話。

最初読んでいて意味不明だったけど読んでるうちにわかります。

 

一男さって

小休止とても短いショートストーリ

時期になると子供を殺しちゃうママの話

 

 

ユニークゲーム

反政府ゲリラ軍に捕らえられた兵士たちが自分の生死をかけて挑む数字当てゲームどの数字がもっともたくさん助かる可能性があるかを必死で考えたのに

最後でバカな兵士が・・

 

ユニークゲーム詳しいネタバレ

前提

  • 兵士が4対3の二つのグループに分かれる
  • グループ内は相談OK
  • 相手のグループとは連絡がとれない
  • 最後にそれぞれ0~7の8つの数字から好きな数字を一つずつ選ぶ

 

  1. 誰とも数字が重複しなかったらその人はセーフ
  2. 1ステップ誰かと数字が重複した人でもその選んだ数がセーフの人数と一致していれば助かる

 

ということをふまえて兵士が選択しようとした数字は

 4人チーム 2 2 2 2

 3人チーム 5 4 2

 

このままだったら5と4は1ステップで、残りの5人も2人を当てているので全員助かるのに「4人チームの一人が全員2を選択するなんて馬鹿げてる」と一人がラッキーナンバーが5だからって理由で5を選択してしまい

  4人チーム 2 2 2 5

  3人チーム 5 4 2

となり 1ステップで4を選んだ一人が助かるだけで終わりという結果に。

 

 

木曜の女

毎日毎日違う女を抱く男の話

でも違う女ではなく本当は

 

 

感想

ラッキーセブンは最後には寿命半分で皆を生き返らせるんだろうな

ってのは予想できたけどゲームのルールが全然私には簡単ではなかった

 

ユニークゲームはルールは理解できるも、なぜ2でそろえることがたくさんの生き残りをうむのかもあまり理解できないまま読み進めて、今この感想をかきながらもう一度考察してようやくなるほどとなりました

 

 

ということで理系の人が読むともっともっと楽しめる作品。

 

 

この本を読んだ人にはこんな本がおすすめ

理系の人が読むと楽しめる推理小説

 

すべてがFになる (講談社文庫)

すべてがFになる (講談社文庫)

 

 

 

探偵ガリレオ (文春文庫)

探偵ガリレオ (文春文庫)

 

 

 

ラブ・ケミストリー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

ラブ・ケミストリー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)