ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

何も持たずに存在するということ 角田光代

 

何も持たず存在するということ

何も持たず存在するということ

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

へらへらした大人になりたい。大仰さがまるでない大人に。切なく、おかしな、心の記録。最新エッセイ集。

感想

エッセイなのであらすじなし。

日常のちょっとしたつぶやきを集めたようなエッセイ。

 

あの時の感動から何気ない日常を切り取って、絵にしたり歌にしたり文章にしたりできる人を、常日頃からうらやましいというかもはや恨めしいくらいに思ってる

 

このエッセイでも私も思ったことある!ってことが作家の手にかかるとこんな風に綴ることができるのかとなりただただ恨めしいと思いながら読みました

面白かった

あと角田さんの 小学校時代に書いた作文がすごい普通の 小学生ではない。

なんと題名が「せい(背)のない国」

一年生でこの題名で創作してるってやっぱ天才はすごい

 

この本を読んだ人はこんな本がおすすめ

 

 

 角田光代エッセイ

今日もごちそうさまでした (新潮文庫)

今日もごちそうさまでした (新潮文庫)

 

 

 

世界中で迷子になって

世界中で迷子になって

 

 

 

今日も一日きみを見てた (角川文庫)

今日も一日きみを見てた (角川文庫)

 

 

 この人のエッセイが面白い

 

作家の収支 (幻冬舎新書)

作家の収支 (幻冬舎新書)