ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

N・P 吉本ばなな

N.P

 

 

N・P (角川文庫)

N・P (角川文庫)

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

97本の短編が収録された「N・P」。著者・高瀬皿男はアメリカに暮らし、48歳で自殺を遂げている。彼には2人の遺児がいた。咲、乙彦の二卵性双生児の姉弟。風美は、高校生のときに恋人の庄司と、狂気の光を目にたたえる姉弟とパーティで出会っていた。そののち、「N・P」未収録の98話目を訳していた庄司もまた自ら命を絶った。その翻訳に関わった3人目の死者だった。5年後、風美は乙彦と再会し、狂信的な「N・P」マニアの存在を知り、いずれ風美の前に姿をあらわすだろうと告げられる。それは、苛烈な炎が風美をつつんだ瞬間でもあった。激しい愛が生んだ奇跡を描く、吉本ばななの傑作長編。

 

あらすじと感想

自殺した作家高瀬皿男 の子供二人と、その本を訳していて自殺した庄司の恋人だった風美のお話。

 

 

という物語の始まりはサスペンスっぽいけど、その自殺については特に事件性もなく話の本筋ともそんなに関係なくて、その自殺により残された二人の子供たちと主人公のひと夏の出会いが本の舞台。

 

3人(途中から4人か)の関係描き方がいかにもばななさんらしくどこか現実離れしてて、そこが素敵だった。

 

後、主人公が昔ショックのあまり話せなくなった時の話

 主人公は、はじめこそ喋れたときと全く同じ思考をしていたが、言葉を音にして発しないうちに言葉の後ろに広がる色が見えて来て、そこで主人公は「言葉の持つ強烈な限定性が煩わしくなる」って思てくるって書かれてるんだけど普段音に言葉に頼ってる私には想像できないけどでもなるほどーと思わされた箇所でした。

 

言葉はいろいろつむぎだすことができて素敵だけど言葉にすることでの限定性。そしてそのことについて作家が書くっていうのがすごい

 

 

この本を読んだ人はこんな本がおすすめ

 

 

「違うこと」をしないこと

「違うこと」をしないこと

 

 

 

キッチン (角川文庫)

キッチン (角川文庫)