ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

【小学校入学準備】同じ保育園の子がいない小学校へ入学することになった長男の体験談

 子供たちが通っていた保育園は最寄り駅から2駅ほど離れていたので、小学校入学時には同じ保育園の子が全くいない状態でした。

 

その時の体験談を紹介します。

 

結論的には心配しなくて大丈夫です♪

 

f:id:iikosodate:20190306094023p:plain

卒園までの期間

息子の通っている保育園は近隣にある住宅地から通っている生徒がとても多かったため小学校も同じという子がほとんどでした。

 

23人中

18人が〇〇小学校

2人が△△小学校

2人が♡♡小学校

そして息子が☆☆小学校

 

年長時からは〇〇小学校に行ってお兄ちゃんやお姉ちゃんと遊んで貰う時間や〇〇小学校の運動場でお弁当を食べる時間等、〇〇小学校との連携がとられていました。

 

 

卒園に近づくと息子はみんなと離れてしまうことでかなりナイーブになっていた気がします。

 

「小学校いったら新しいお友達たくさんできるよ」と楽しいことだけを伝えていましたがやっぱり私のドキドキが伝わってしまっていたのかも・・・・

 

しておいてよかったなぁと思ったことは↓これくらいです。

 

ポイント
卒園後も友達と遊べるように、ママ友と連絡を取れるようにしておく
 
 
家が離れていることもあり、ママ友とは挨拶するだけの関係がほとんどだったのですが、卒園前に子供が仲のいいママ友に勇気をだして話しかけて遊ぶ約束などをしました。
今でも少数ですが保育園時代のお友達とも遊んでいます。
 
 

入学式までの期間

わが家の場合は3月末まで保育園に通い、次の週からは学校併設の学童に入れました。

 

学童自体は現在習い事や民間の学童を併用しているため、そろそろ不要かなぁと思っているのですが、入学までの間に学童に入れたことでお友達ができました。

 

 

 

www.xn--l8j1bc6fqgp016a.net

 

入学式

入学式当日に息子からお友達になった子はどの子かを聞きました。

そしてその子と母親が一緒にいるところに勇気を出して話しかけLINEを聞きました。

といっても本当に数人。

でもこの勇気のおかげで(大げさ)1年間とっても楽でした。

 

ポイント 早めに仲の良い子のラインを聞いてしまう

 

 

まとめ

結局全然大丈夫でした。

子供の柔軟性はすごい。

 

勇気を出して話しかけLINEをきけたことはかなりの収穫ですが(大げさ)でももし何もしなくても子供はきっと全然大丈夫だった気がします。

 

今では保育園の友人、習い事先での友人、学校の友人とたくさんの友人に囲まれて毎日笑っています。

 

大人がドキドキしていると子供に伝わってしまうので、ドーンと構えておくのがいいなぁと感じました。