ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

禁断の魔術ガリレオ 東野圭吾

 

 

 

禁断の魔術―ガリレオ〈8〉

禁断の魔術―ガリレオ〈8〉

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

湯川が殺人を?「自業自得だ。教え子に正しく科学を教えてやれなかったことに対する罰だ」。ガリレオシリーズ初の完全書き下ろし。

 

 

あらすじと感想


偏屈で理屈っぽい教授だった湯川教授も今やすっかり福山さんのイメージで語られていてすっかりかっこいい教授になっていました。


透視す(みとおす)


殺されたホステスは透視ができることを売りにしていた。
彼女の透視能力は本物かそれとも?
そして彼女が殺された謎は?

 

透視の方法はマジックの種明かしのようで面白かった。
殺害理由は少し悲しいけどでも現実的ではないかなぁ。
「あれ?こんなに動揺するなんて大丈夫かな?」くらい被害者が考えて警戒するんじゃないかと思えました。

 

曲球る(まがる)


プロ野球選手の妻が殺害された。
現役にしがみつこうかと思っていたが、妻とあっさり引退することを約束していたしもうやめてしまおう。そう思っていたら・・・・


念波る(おくる)

双子の姉になにかあったかもとテレパシーを感じ取ったまさにその時妹は何者かに殺されていた。


テレパシーとかどうやって解決するんだろうと思っていたら、違った視点であれよあれよと事件は解決してとても面白かった。
頭いいなぁ。

 


猛射つ(うつ)


他の短編にくらべこの作品は中~長編といってもいいくらいの作品

湯川を慕っていた高校の後輩、古柴伸吾
彼が突然大学をやめ仕事先からもいなくなった理由は姉の復讐。

 

彼を救えてよかったけど、でも結局政治家は全く裁かれなくって、それが現実的なラストではあるけど心ではもやもやってしました。
いや、でもこれであとで「政治家は悪いことがばれて失脚しました」というオチがついてたらそれこそ陳腐なのでこれでいいんだろうな。


最後のニューヨークへ旅立つシーンも含めドラマ映えする話でした

 

この本を読んだ人はこんな本がお勧め

ガリレオシリーズ

 

虚像の道化師 (文春文庫)

虚像の道化師 (文春文庫)

 

 

 

聖女の救済 (文春文庫)

聖女の救済 (文春文庫)

 

 

 

ガリレオの苦悩 (文春文庫)

ガリレオの苦悩 (文春文庫)

 

 

 

容疑者Xの献身 (文春文庫)

容疑者Xの献身 (文春文庫)

 

 

 

沈黙のパレード

沈黙のパレード

 

 

 

予知夢

予知夢

 

 

 

真夏の方程式 (文春文庫)

真夏の方程式 (文春文庫)

 

 

 

探偵ガリレオ (文春文庫)

探偵ガリレオ (文春文庫)