ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

虚像の道化師 東野圭吾

 

 

虚像の道化師 ガリレオ 7

虚像の道化師 ガリレオ 7

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

指一本触れずに転落死させる術、他人には聴こえない囁き、女優が仕組んだ罠…刑事はさらに不可解な謎を抱え、あの研究室のドアを叩く。

 

 

内容&感想

 

ガリレオシリーズ短編

 

第一章・幻惑す(まどわす)

舞台は宗教法人クアイの会
週刊誌の取材中、目の前で幹部の一人が飛び降り自殺する。
手を触れず人を自ら飛び込ませることができるのか?

 

仲間由紀恵のトリックみたいなお話

 

第二章・心聴る(きこえる)

幻聴が理由で自殺した男と、同じ職場に同じく幻聴を理由に発狂した男と幻聴に悩む女性がいた。
一人しか聞こえない幻聴を聞かせる方法とは?


第三章・偽装う(よそおう)

友人の結婚式に出席するためにホテルに向かう湯川。
その途中で傘を貸してくれた女性の両親がホテル近くの別荘で殺されて。。。。

ロッキングチェアの部分は物理学者ならではな視点だなーっと思ったけど全体的な雰囲気は名探偵コナンぽい

 

第四章・演技る(えんじる)


劇団の主宰が殺される。容疑者は女優の神原
しかし彼女が彼を殺すことはできないことを証明する写真が殺された男の携帯に保存されていて。。。。


これはドラマでもみましたが、ドラマとは結末が違いました。
私としてはこっちの結末の方が面白かった。

 

この本を読んだ人はこんな本がおすすめ

 ガリレオシリーズ

聖女の救済 (文春文庫)

聖女の救済 (文春文庫)

 

 

 

禁断の魔術―ガリレオ〈8〉

禁断の魔術―ガリレオ〈8〉