ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

歪笑小説 東野圭吾

 

 

歪笑小説 (集英社文庫)

歪笑小説 (集英社文庫)

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

新人編集者が目の当たりにした、常識破りのあの手この手を連発する伝説の編集者。自作のドラマ化話に舞い上がり、美人担当者に恋心を抱く、全く売れない若手作家。出版社のゴルフコンペに初参加して大物作家に翻弄されるヒット作症候群の新鋭…俳優、読者、書店、家族を巻き込んで作家の身近は事件がいっぱい。ブラックな笑い満載!小説業界の内幕を描く連続ドラマ。とっておきの文庫オリジナル。

 

 

あらすじ&感想

小説家が小説家とかその界隈の人間たちを批判するという斬新なというか東野圭吾大丈夫か?ってなるお話(笑)


伝説の男

ミステリーの本を作ることが夢だった新人編集者の青山が出会ったのは伝説の編集者、獅子取さん。

青山が目撃したのは、売れっ子独身女性作家から仕事をもらうために特技のスライディング土下座をする獅子取編集長の姿。

 

夢の映像化

新人作家の熱海圭介が書いた「撃鉄のポエム」が2時間ドラマに!有頂天になった圭介は、友人や親に報告するが。

放送内容は原作と大きく変わってしまう

序の口

「虚無僧探偵ゾフィー」というださい題名でデビューした唐傘ザンゲが、大御所作家さんとのゴルフへ。

 

作家の世界は相撲界と同じで序の口や関取などがいる。

でも彼らはしっかり新進作家の作品も読んでる。決して胡坐をかいたりしていない。

これってどの世界でもそうだなぁと思います。

肝に銘じておこう。


罪な女

「撃鉄のポエム」でデビューした勘違い作家の熱海圭介に新しくついた女性編集者美奈。

圭介は見た瞬間から彼女にぞっこんになってしまうが、彼女は唐傘の担当もしていて圭介は気が気でない

でも彼女が配置換えさせられたのは?


最終候補

閑職へ移動になったサラリーマン石橋がこれを機に小説を書いてみることに。

文学賞に応募したら、数日後出版社から最終候補の見込み有との連絡が来て、石橋は気が気じゃない。

脱サラして専業作家となる道のりの険しさを十分理解している作家が書くとリアリティある。

 

小説誌

新人編集者の青山が、職場見学にきた中学生から出版社の裏事情をいろいろ聞かれる話。

 

 

納期?そんな言葉が連中に通用すると思うか?普通の仕事ができないから作家になったような人達だぞ!

 って笑ってしまうわ!


天敵

唐草ザンゲと、彼の作品のファンでありからこそ口出しをして来る、婚約者。

伝説の編集者さえやりづらいと評するが、獅子取は婚約者の矛先を内助の功として発揮させ・・・


文学賞創設

新しくできた「天川井太郎賞」という新たな文学賞が設立された。

しかし敵対している出版社からは天丼賞などと揶揄される始末。

そんな中候補作に選ばれたのは・・・

唐傘ザンゲ「煉瓦街諜報戦術キムコ」
古井蕪子「皺くちゃ少年、ぷりぷり婆さん」
松木秀樹「一瞬でかっ飛ばせ」
清畠和博「アウトサイド低め」
だったが、選考委員達が選んだのは主催者の意図に反して無名の60代男性の「深海魚の皮膚呼吸」という作品。
 
深海魚の皮膚呼吸なんだその話
となるけどこの後夫婦が嬉しくて抱合ってる姿を知り、この賞この人たちが受賞してよかったなぁとほっこりなりました

ミステリ特集

勘違い作家の熱海圭介にミステリー小説の依頼が来た。

ミステリー小説の書き方やトリックの仕掛け方などを学ぶ圭介。

頑張れ圭介。

 

このミステリーの書き方。ミステリー作家になるにはおすすめらしいですよ 

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)

 

 


引退発表

何度か直木賞候補になっているが、前回の作品で賞を逃しすっかり小説を書けなくなった寒川心五郎。

 

寒川は記者会見を開くといい・・

 

この後寒川さんが直木賞を受賞したことがわかる仕掛けになっていていい作品

 


戦略


勘違い作家熱海圭介の新作のハードボイルド作品。

本人は期待を裏切らないと言っていたが「銃弾と薔薇に聞いてくれ」は、唯一のヒット作「撃鉄のポエム」の続作とわかる。

売れない作家を何とか売ろうとする作戦で熱海はアフロヘアにドハデなファッションになる。

その自虐行動が女子高生から「自分を偽って無理しながら生きていると」逆に共感を得る。

 

もはやだんだん圭介が愛おしい



職業、小説家

元子の父は全く小説を読まない人間だが結婚したい相手が新人小説家の唐傘ザンゲとしり多いに悩む。

しかも元子は仕事をやめ彼のマネージャー役になるというではないか

ためにしに読んでみた「虚無僧探偵ゾフィー」数ページ読んで閉じてさらにさらに不安に。

 

ところが最新作「煉瓦術・・・」は面白い。

最終的にはめでたしめでたしなお話。

 

 

 この本を読んだ人はこんな本がおすすめ

 

名探偵の掟 (講談社文庫)

名探偵の掟 (講談社文庫)

 

 

 

www.xn--l8j1bc6fqgp016a.net