ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

プラチナデータ 東野圭吾

 

 

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

 

 

 内容(「BOOK」データベースより)

国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA捜査システム。その開発者が殺害された。神楽龍平はシステムを使って犯人を突き止めようとするが、コンピュータが示したのは何と彼の名前だった。革命的システムの裏に隠された陰謀とは?鍵を握るのは謎のプログラムと、もう一人の“彼”。果たして神楽は警察の包囲網をかわし、真相に辿り着けるのか。

あらすじ

犯罪現場に残されたDNAを容疑者のDNAと付き合わせる現在の方法とは違い、この世界では現場に残されたDNAから身長・年齢・肌の色・顔の形などあらゆることを解析することができるシステムが構築されている。

さらに登録された一般市民のDNAの中から犯人または犯人の親戚までヒットさせることができる。

そんなDNAでの捜査を可能とするDNA法案が国会で可決され、犯罪の検挙率は爆発的に上がった。
警察も今までの地道な捜査から、DNAから導き出されたモンタージュ写真もしくは登録されているDNAの中から犯人もしくは犯人の親族がヒットしたらその人物を捕まえればいいという仕事にかわっていく。

そんな中、連続婦女暴行殺人事件が発生。

しかも犯人の体液が残されていたにもかかわらず研究所の検索結果は「NotFound」。


さらにこの「NotFound」の件について話がある、という言葉を残してそのシステムの開発者まで殺されてしまう。

解析の結果開発者を殺した犯人は研究所の神楽であると導き出され・・・・・

 

感想


このシステムについて読んでいる時に「こんなシステム本当に国会が通すかな?国のえらいさん(もしくはその親戚)が事故を起こしてももみ消せないじゃないか」という疑問にぶちあたったので、題名の「プラチナデータ」って重要人物のデータのみをDNA検索から保護することじゃない?っと珍しくいい所に気付いた私冴えてる。

(でも犯人は間違ってましたが)

 

一つ気になったのは、NotFound13の人物の婦女暴行事件の意図

意図がわからない・・・っとずっと不思議に思っていたら、結末が水上の研究のための人殺し

いやその動機はこの際いいのです。

問題は研究のために、痕跡である精液を残すため死体を犯したってところ、死姦したら死体をみたらそれわかるんじゃないの???
その辺はどうなんだ?という疑問が。その辺がなんかあいまいにになってました



小説の内容は現在の技術では出来ないので未来の話になるのかな?今でもできるのかな?よくわからないけど「いかにもありそう」なので全然違和感なく読めました。

なので、国会で今後DNA法案が可決されたらまっさきにプラチナデータの存在を疑ってしまいそう。

絶対作っちゃうと思うプラチナデータ。




ちなみに国家権力とか出てきますが、読んだ後で「うーーーん」と考えてしまうような重い作品ではなく、読後は2時間のジェットコースタームービーをみたような気分になるエンターテイメント性の強い作品だと思います。


この本を読んだ人はこんな本がおすすめ

DNAで管理されてなくてもすでにあなたはのすべては国に監視されている?

 

超監視社会: 私たちのデータはどこまで見られているのか?

超監視社会: 私たちのデータはどこまで見られているのか?