ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

毒笑小説 東野圭吾

 

 

毒笑小説 (集英社文庫)

毒笑小説 (集英社文庫)

 

内容(「BOOK」データベースより)

塾にお稽古に家庭教師にと、VIPなみに忙しい孫。何とかゆっくり会えないものかという祖父の訴えを聞いて、麻雀仲間の爺さんたちが“妙案”を思いつく…。前代未聞の誘拐事件を扱った「誘拐天国」をはじめ、毒のある可笑しさに満ちた傑作が1ダース!名作『怪笑小説』に引き続いて、ブラックなお笑いを極めた、会心の短篇集。「笑い」追求の同志、京極夏彦との特別対談つき。

 

あらすじ&感想

 

実際笑ったりはしないけどくすりくらいはないそうな
短編12編からなる小説。

 


「誘拐天国」

びっくりするようなお金持ちが孫と遊びたいために孫を誘拐するお話。


「エンジェル」

エンジェルそっくりの新種の生物をめぐる人間の対応。
これは現実に起こりそう。希少価値が高いと守りたくなり増えると駆除してしまう人間って。。。


「手作りマダム」

 

何を手作りしてもうまくないでも夫の上司の奥さんなのでそんなことはいえず・・・
こういう人近くに住んでたらやだな

「マニュアル警察」

 

何もかもマニュアル化された警察署のお話
これは誰もが一度は考えつきそうなお話。
世にも奇妙なとかでしてもいいと思う。



「ホームアローンじいさん」

 

家族が出かけてるすきに孫のアダルトビデオをみようといろいろ頑張るおじいさんが結果的に泥棒を捕まえるお話かわいいおじいさん。

こういうおじいさん大好きです。


「花婿人形」

 

何もかもおかあさんによってしかれたレールの上を歩いてきたお坊ちゃんの話。ちょっと想像すると気持ち悪い。

「女流作家」

 

産休明け以降一切顔を見せなくなった女流作家の秘密とは?

これもどこにでもありそうなお話。

「殺意取扱説明書」

 

人を殺すためのマニュアル本を手に入れたマニュアル本嫌いの女性の話。
まぁマニュアルで疲れるくらいなら人を殺せないよね。

 

「つぐない」

突然ピアノをならいだす中年男性のつぐないとは。
誰に対するつぐないかってところがよい。
これだけちょっと他とは違ったカラーの作品。


「栄光の証言」

 

人殺し現場を目撃したさえない男性の証言
最初で話は読めるけどでもあり得そうな話


「本格推理関連グッズ鑑定ショー」

 

事件に関連したグッズを鑑定するショーに出された道具をめぐる話


「誘拐電話網」

 

不幸の手紙の誘拐バージョン。発想が面白いと思う。

 

この本を読んだ人はこんな本がおすすめ

東野圭吾の〇〇小説シリーズ

 

歪笑小説 (集英社文庫)

歪笑小説 (集英社文庫)

 
怪笑小説 (集英社文庫)

怪笑小説 (集英社文庫)

 
黒笑小説 (集英社文庫)

黒笑小説 (集英社文庫)