ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

あの頃ぼくらはあほでした 東野圭吾

 

 

あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫)

あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫)

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

命がけの学生時代!抱腹絶倒の青春記。小学校から大学まで、疾風怒濤の学生時代をパワフル&赤裸々に語る爆笑エッセイ。

 

 

感想

東野圭吾の小学校から大学までをかいたエッセイ
色々な人のエッセイを読んでよく思うのが、よくこんなに色々エピソードを細かく覚えてるなということ

小学校のころのことなんて私は文章にできるほど覚えてるかしら。


私も一度サラダの中にそれはそれは今まで見たこともないくらい大きな芋虫を発見したことがある。
サラダだからあり得ないこともないと思うかもしれないけど15cmくらいある芋虫でどうして切断されずに生き残ってるのか不思議でしょうがなかったってことを思い出しました。



まぁそれでも私の時代は脱脂粉乳ではなかったし、牛乳が腐ってたりすることももちろんなかったから彼の小学校とは比べ物にならないんだけど

60年代の大阪の下町が目に浮かぶようで
楽しかった