ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

容疑者xの献身 東野圭吾

 

容疑者Xの献身 (文春文庫)

容疑者Xの献身 (文春文庫)

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

天才数学者でありながら不遇な日日を送っていた高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな想いを寄せていた。彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、二人を救うため完全犯罪を企てる。だが皮肉にも、石神のかつての親友である物理学者の湯川学が、その謎に挑むことになる。ガリレオシリーズ初の長篇、直木賞受賞作。

 

あらすじ & 感想

ガリレオシリーズ初の長編。

直木賞受賞作

 

湯川の友人天才数学者石神隣に住む女性靖子に恋をした。

靖子は一人娘と慎ましくも幸せに暮らしていたが、暴力をふるう元夫が突然二人のもとにやってきて、とっさに靖子はその元夫を殺してしまう。

 

それをしった隣人の石神は靖子とその娘を救うために完全犯罪を企てて・・・。


ガリレオシリーズは今まで「まぁ理論上はそうなんだろうけど、実際はそんなうまくいかないだろうなぁ」というトリックが多かったのですがこれには参りました

とても難しい説明がいるトリックではないのに、よくできたトリック!

石神の純愛に関しては、純愛のためとはいえ無関係なホームレスの人の命を奪える彼に感情移入することは出来ないし純愛ではないとも思うのですが、不器用ながらも真剣だったんだろうなぁ。

とにかくとても面白かったです。

数学のお話自体もとても面白かった「博士の愛した数式」と同様数学の美しさに触れることができました

 

 

この本を読んだ人はこんな本がおすすめ

数学はとても美しいもの

 

博士の愛した数式 (新潮文庫)

博士の愛した数式 (新潮文庫)

 

 

小説に出てきた、四色問題

四色問題とは、四色あればどんな地図でも隣り合う国々が違う色になるように塗り分けることができるという問題

石神は隣人の靖子との関係を隣人は同じ色にならないことにより守ろうとしました。

 

四色問題 (新潮文庫)

四色問題 (新潮文庫)