ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

母性 湊かなえ

 

 

母性 (新潮文庫)

母性 (新潮文庫)

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

女子高生が自宅の中庭で倒れているのが発見された。母親は言葉を詰まらせる。「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。世間は騒ぐ。これは事故か、自殺か。…遡ること十一年前の台風の日、彼女たちを包んだ幸福は、突如奪い去られていた。母の手記と娘の回想が交錯し、浮かび上がる真相。これは事故か、それとも―。圧倒的に新しい、「母と娘」を巡る物語

 

あらすじ

17歳の女子高生が4階から転落して死亡した。

これは事故?それとも自殺?


「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」と母はコメントする。

 

その後

  • そのコメントの記事を読んだ妊婦の教師が母性について考える
  • 娘に対しての思いをつづった母の手記
  • 母に愛されたいと願う娘の回想

 

と視点をかえながらその真相に近づくお話

 

母の手記に出てくる母親はルミ子

ルミ子は小さいころから母が大好き。

結婚相手の絵描きの田所との結婚も母親がいいねといったから結婚を決めたくらい。

娘清佳も産まれてルミ子はとても幸せ。

 

ところが、台風により寝室で清佳と母が箪笥の下敷きになり、さらに火事が起こりここからルミ子の記憶が曖昧になりますが清佳は助かりましたが大好きな母が亡くなりました。

 

家が全焼したためルミ子は田所の実家で義父母と同居することに

畑仕事を強要する義母。

金を男に貢いでる義姉2律子。

そして気性のあらい甥。

と問題を抱える

 

せっかくできた2人目の子供も甥に押されて流産してしまいます。

 

 

 

清佳はそんな母を必死で救おうとするのにそれすら逆恨みされ母親に認めてもらうことができません。

 

そんな清佳をみるのがつらく父は不倫して逃げています。

不倫を見つけた清佳に、父は「あの火事の時ルミ子に清佳を選択させるためにルミ子の母は自分で舌をかみ切っていた」という事実を話します。

 

帰宅後その話をルミ子に伝えると、ルミ子に首を絞められ殺されかかえる清佳。

それでも清佳はルミ子に罪を背負わせたくないとルミ子を突き飛ばし首を吊ろうとします・・・

 

ここからネタバレ

 

首吊り・・

つまり冒頭の事件はその後の話とは全く別の話です。

 

第1章は

冒頭に事件とその時の母のコメントを読んで、清佳(首吊りをしようとした後当時の彼氏と結婚し現在身ごもっている冒頭の教師)が妊婦の母性について考えている話

第2章は

ルミ子目線の話

第3章は

清佳目線の話

 

となっています。

 

父親はルミ子の母親が自殺するシーンを目撃していたのは、火事の最中に家族を助けず、自分の絵を持ち出していたから、もし絵をあきらめていたら妻の母と清佳の両方を救えたかもしれないという罪悪感からルミ子からも清佳からも目をそらし続けていたのです。

 

ルミ子は不倫相手に振られて戻ってきた父親を許しました。

 

清佳は妊娠した今、自分が母に望んでいたことを産まれてきた子供にはしてあげたいと考えています。
そう愛を求めようとするのが娘であり、自分が求めたものを我が子に捧げたいと思う気持ちが母性だから~

 

という感じで終わり

 

 

 

感想

女性作家が書く嫌な女は容赦がなくて本当イヤな女だな。

姑や夫は最低。

最低だけどそこから逃げることはせずひたすらうじうじかわいそうな女に甘んじて子供を愛さなかった母親がさらに最低。

読んでて肩がこるほどイライラしました。

 

 

でもそれが面白い。

 

 

愛されることの喜びは知ってたのに愛することはできない母親に育てられたら「母性」というものを知らないのにちゃんと私は子育てできるだろうかってそりゃ不安だっただろうに、最後に「自分が求めたものを我が子に捧げよう」と思えてそこは救いのあるラストでよかった