ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

花の鎖 湊かなえ

 

 

花の鎖 (文春文庫)

花の鎖 (文春文庫)

 

内容(「BOOK」データベースより)

両親を亡くし仕事も失った矢先に祖母がガンで入院した梨花。職場結婚したが子供ができず悩む美雪。水彩画の講師をしつつ和菓子屋でバイトする紗月。花の記憶が3人の女性を繋いだ時、見えてくる衝撃の事実。そして彼女たちの人生に影を落とす謎の男「K」の正体とは。驚きのラストが胸を打つ、感動の傑作ミステリ。

 

 

 

あらすじ&ネタバレ

先にネタバレさせてしまうと登場人物の3人の女性はそれぞれ親子。

祖母が美雪 母紗月 娘が梨花 「雪月花時最憶君(雪月花の時 最も君を憶ふ)」からできた雪月花という自然の美しさを表す言葉から一文字ずつとって名前にしてるっていうエピソードが綺麗で素敵。

 

美雪の話

美雪は大学卒業後、高野と結婚。

子供には恵まれないものの幸せに暮らしている。

ところが従妹の北上陽介が大学の友人だった高野と事務所を立ち上げたことにより幸せだった生活はくるってしまう。

建築家としてではなく営業要員とされてしまった上に、美術館のコンベンションに高野の作品が選ばれたら、その実績を高野の名前ではなく事務所名義にするなどさんざんな目に合う夫。

それでも次の夢に向かって進みだした高野だったが、最後に美術館予定地を北上らと訪れた際に転落死してしまう。

美雪はこの件を北上が夫を殺したのではないかと疑っていて、一度は夫の後を追うため自殺をはかるもお腹に高野の子供がいるとわかって生きていくことに・・・

紗月の話

 絵画教室の講師をしている紗月は、ある時、大学時代に付き合っていた浩一の妻で紗月の友人でもあった希美子に白血病になった夫のために骨髄移植をしてほしいと頼まれます。

 

実は浩一は北上陽介の子供。つまり紗月にとってははとこにあたり、以前倉田という友人が白血病になったときに、調べたことで浩一と希美子の白血球の型があってることがわかっていた。

 

二人は付き合っていたが、母親(美雪)に浩一の父親(陽介)に自分の父親(和弥)は殺されたのかもしれないという話を聞かされて根強い両家の確執の末別れてしまった浩一に自分が提供者であることを隠すことを条件に移植することを了承する。

そしてその後紗月は結婚し梨花を出産

 梨花の話

毎年「K」という謎の人物から母の元に届いていた豪華な花束。
今となってはたった一人の肉親である祖母(美雪)の手術代のねん出のため梨花は「k」の正体を探る・・・。

 

Kは3年前に両親(紗月夫婦)が事故でなくなったときもKの秘書から経済援助を申し出てくれていた。

その時は断ったが、今回の手術費用を出して欲しいとKに連絡を取ろうとしたことで、Kの正体が明らかに。

 

Kは紗月から移植提供をうけていた浩一。

紗月は内緒にすることを条件に移植提供をしていたが、浩一にはばれていて移植日に花束を贈っていたというのが真相。

 

 

 

 

感想


amazonの紹介文を読むと「k」の正体を探るミステリーのようだけど(実際私はamazonで内容紹介を読んだときそう思ってました)が実際はこのつながりのなさそうな3人の女性がまさに鎖のようにつがるお話でした。

ただ3人の人生がまるで昼ドラのような展開でつまらない

なんかもう少し深みがほしいなぁ。
女の人も男の人もこんな浅い人間いないでしょというような人ばっかり関係のなさそうな人たちがつながっていくという流れは好きなだけに残念でした