ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

贖罪 湊かなえ

 

 

贖罪 (双葉文庫)

贖罪 (双葉文庫)

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

15年前、静かな田舎町でひとりの女児が殺害された。直前まで一緒に遊んでいた四人の女の子は、犯人と思われる男と言葉を交わしていたものの、なぜか顔が思い出せず、事件は迷宮入りとなる。娘を喪った母親は彼女たちに言った―あなたたちを絶対に許さない。必ず犯人を見つけなさい。それができないのなら、わたしが納得できる償いをしなさい、と。十字架を背負わされたまま成長した四人に降りかかる、悲劇の連鎖の結末は!?特別収録:黒沢清監督インタビュー。

 

あらすじ

「告白」「少女」に続く第三弾

物語の発端は田舎で起こったある少女の暴行殺人事件。
同級生4人は犯人の顔を見ていたにもかかわらず犯人は捕まらず、母親は田舎を出る時に4人の少女にある約束をさせる。

 

「時効までに犯人を捕まえるか、罪をつぐなえ」

あれから15年。

少女4人はそれぞれの方法で事件を振り返りそして彼女との約束を守ろうとするというお話。


15年後の4人の同級生それぞれの告白と被害者の母親の告白
犯人は判明するんだけど、かなり強引。
あと、その後の4人が4人ともあんなことするのはあり得ない。
というのがひっかかったものの

 

4人が同じ事件を語っているはずなのに、負けず嫌いの女の子は「私が考えた」という部分を強く記憶していたり、かまってもらいたがりの女の子は「優しかった警察官」の話を中心に覚えていたりと人によって事件の色が変わっていくのが面白い作品でした。

 

どうしてあの時一緒にいたのに子供を助けてくれなかったの?

と思わず子供をせめてしまう親の気持ちはわからなくない。

子供を責めたいのではなく気持ちのもっていきようがなくて思わず言ってしまったんでしょう。

でも彼女はその後自分の人生を歩んじゃってて、しかも自分の言葉が子供たちのその後に大きく影響を与えてしまっていることに気づけない麻子

 

そして犯人、殺してしまうだけでなく性的暴行までしてる意味が分からない

 

ただ一緒に遊んでいただけの4人のその後を考えると罪を償うべきは誰かってなります

 

紗英の場合

 殺されたエミリと仲が良かった4人のうちの一人。

田舎の街にやってきた都会育ちのエミリと田舎で産まれ育ってきた4人は当時家に飾れているフランス人形を見て回ることがブームになっていました。

途中でフランス人形盗難事件があるも基本はのどかだったのですが、ある日、紗英は真紀、晶子、由佳、エミリと一緒に遊んでいると見知らぬ男に声をかけられます。

更衣室の換気扇の点検をしたいので手伝ってほしいといわれ、4人は自分が手伝うと立候補しましたが、少し警戒していたはずのエミリが男に連れられて行きます。

その後も何の疑いもなく遊んでいた4人も全然かえってこないエミリが心配になり、更衣室に見に行くと、すでに男の姿はなく、そこには変わり果てた姿のエミリが。

その後4人は、真紀の指示で大人たちに知らせに行くことになりますが、紗英は現場を見張るという役を引き受けました。

 

紗英はその時エミリの死体を見て性的暴行の跡があることに気づきます。

 

その後紗英は東京で就職しお見合い結婚をします。

相手はエミリと同時期に引っ越してきた男の子で、実は昔から紗英のことが好きだったという男貴博。

 

貴博は紗英に一目ぼれしてから紗英の家に飾られたフランス人形を欲しいと思うようになり(フランス人形盗難事件の犯人も実は貴博だった)、それ以上にフランス人形に似た紗英が欲しくなり結婚したため、彼女のことを人形のようにしか扱いません。

紗英は不満に思いつつも我慢していましたが、ある日ストレスでずっときていなかった生理が始まったにもかかわらず要求してきた貴博にエミリ殺害事件が重なってしまい衝動的に彼を殺してしまいます。

 

その後警察にいくところで紗英の話は終わり。

 

ずっと感じていた「犯人が自分を見張っているかもしれない」という視線が実はストーカーの夫の視線だったっていう怖い話。

真紀の場合

 真紀は現在は小学校教師。

小学校のプールの授業中、突然サバイバルナイフをもった男が忍び込み生徒の一人を切りつけました。

その時の担任の一人田辺は怖くなり逃げてしまいますが、真紀は必死に犯人に抵抗しプールに落ちた犯人の顔面を蹴りしずめて殺してしまいます。

結果、真紀は最初こそ賞賛されるもののやがてやりすぎではないかと罵られるように。

そして真紀自身がPTAで事件の概要を説明するというのがこの章です。

 

今回の事件にはやはりエミリ殺害事件の影響が

 

 

小学校のころしっかり者の真紀は皆から頼りにされていましたが、都会からエミリが転校してきてからエミリにその役目がうつってしまい真紀はとても焦っていました。

 

暑いから家で遊ぼうというエミリに運動場でバレーボールをしようと提案したのもそういった気持ちからでした。

 

ところが、エミリが殺された後、残る3人に指示し彼女たちは指示通りに行動したにもかかわらず、自分は先生を呼びに行くことにしたにもかかわらず途中で怖くなってしまい逃げ出してしまいます。

 

そのため、事情徴収の時に、恐怖で犯人の顔をがあいまいになっている3人と違い本当は犯人の顔を覚えていた真紀は「自分が何もしなかったから恐怖心がなく顔を覚えているのだ」と気づかれたらと怖くなってしまい「犯人の顔を覚えてない」と嘘をついてしまいます。

 

3年後、エミリの母親である麻子に「時効まで犯人を見つけるように、もしくは麻子が納得できるような償いをしろ」といわれた真紀は償いをすることに決め、それが今回のプールの事件の行動へとつながっていたのです、

 

その後ずっと、殺されたエミリに恥じない人間を目指してきた真紀は他の3人は普通に幸せに生きていたのを聞き、馬鹿らしくなっていましたが最近、紗英の麻子への告白の手紙を知り、彼女もまた苦しんでいたこと知りました。

 

真紀は今回の犯人の顔を蹴ったときにエミリを殺した犯人の顔を思い出したといいます。

それは現在フリースクールを経営している南条という男。

彼よりもっと似ている人がいるがその人はすでに亡くなっているからという理由でこちらは名前を出しませんでした(のちにエミリ似ていたと言いたかったことがわかる)

最後にこの臨時総会に来ている麻子にむかって、紗英や私への負の連鎖がどうか残りの二人にはいかないようにということを話て会は終了しました。

晶子の場合

 この章ではエミリの事件の後精神に異常をきたしている晶子のカウンセラーをすると偽ってやってきた麻子が晶子に当時の話を聞くという形式で晶子のことが書かれています。

 

 

晶子はがっしり体型のおっとりした女の子。

かわいいものが好きである日叔母さんに買ってもらったかわいいブラウスを着ていくとエミリだけがそれをほめてくれて、晶子はエミリともっと仲良くなりたいと思っていました。

ところがあの事件が起き、晶子は自分なんかが高望みをしたからふこうが起きたのだとふさぎこんでいました。

 

その後仲がよかった兄幸司が、子連れの女性と結婚して晶子は二人との交流を深めることで徐々に元気になってきていました。

 

ところがある日晶子が忘れ物を届けに行ったとき兄の幸司が連れ子の若葉に性的暴行をしているところを発見し、エミリの事件を思い出した晶子はその場で幸司を殺します。

 

そしてまた幸せになろうとしたからこんなことになったのだふさぎこんでしまった晶子。

 

最後に晶子は南条が事件当時この町で目撃したことを麻子に告げてこの章は終わります。

 

子連れの女性はただ生活のために幸司と結婚し、自分が寝るのが嫌なので娘を差し出していたという屑ですが、それに乗る兄も兄。

晶子はどこまでも不幸で悲しくなります。

由佳の場合

 由佳は現在出産間近。

陣痛が始まって病院に行くもまだ時間がかかりそうだということで待合室にまっていたところ声をかけてきた麻子に話すということでこの章は進みます。

 

あの当時、廃屋になっていた別荘の鍵を手に入れた由佳は後の4人と一緒に秘密基地ごっこをしていました。

ある日宝物を隠そういうことになりエミリがとても高価そうな指輪を持ってきたのですが、それがなくなり鍵をもっていた由佳が疑われてしまいます。

その後別荘にフリースクールを作りたいと不動産と一緒にやってきた男(つまり南条)がその指輪を拾っていたことがわかり由佳の疑いははれるのですがエミリからの謝罪の言葉はなく別荘を秘密基地にしていたことが由佳の家族にばれ、元々からだの弱い姉ばかり大事にしていた由佳の家族の中での由佳の居場所はますます悪いものになってしまいました。

 

 

そして事件当日、由佳は警察官にエミリのことを伝えに行く係でした。

殺人事件があったときですら親から心配されない普段から親の愛に飢えていた由佳はこの時に警察官にやさしくしてもらえたことが忘れられず事件後も何かと用事を作っては警察官に元に訪れていました。

 

 

その後姉が成長し彼氏ができ両親に反発するようになったことで両親の関心が自分の方に向かい落ち着いていた由佳でしたが、姉が結婚した男性が警察官で手の感触があの時の警官に似ていたことから、どうしてもその警察官がほしくなり由佳は彼の子供を身ごもります

 

そんな時ある日、ニュースで犯人の声にそっくりな声を聴き、その男がフリースクールを経営していて犯行当時もフリースクールを作りたいとやってきていた男と同一人物だと分かり、それを姉の夫に教えてあげようと考えます。

 

ところが姉が自分と夫の関係に気づき自殺未遂。

姉の夫を呼び出してこの事件のことを打ち明けようと呼びだすも姉の夫はお腹の中の子供の父親が自分であることに勘づきどうか黙ってほしいと訴えもみ合いになった末、階段から落ち死亡してしまい警察で陣痛がきたためこちらにやってきたという告白で麻子の話は終了

麻子の告白

事件当初、事件現場にいながら犯人の顔さえ覚えていない子供たちに憎しみを抱いていた麻子。

一時は子供だからしょうがないと憎しみを鎮めることができていましたが、命日の日に線香すらあげにこなかったこと再燃し、4人に「犯人を見つけるか罪を償え」と4人ともそんなこともすぐ忘れてしまうだろうと思いつつ言い放ってしまいます。

 

その後エミリに線香をあげにきてくれていて息子のように思っていた貴博から結婚したい人がいると紹介され、それが紗英が自分をみて顔がこわばるのをみてまだあの時の記憶が消えていないことをしった麻子は「事件のことを忘れて幸せになって」と声を掛けますが、紗英は貴博を殺しその後の3人も・・・

 

 

 

そもそもこの事件の発端は麻子が大学生の時にさかのぼります。

秋絵という友人(この友人との関係もいびつですが割愛)に男性を紹介してもらった麻子。

この男性こそがエミリの本当の父親です

麻子はこの男性と結婚を約束していましたが、彼の家で彼が他の女性への諦められない思いをつづっている手紙を発見し、秋絵に相談しに行くことに、すると秋絵はそこで自殺を図っていて、残された手紙には秋絵の彼に対する思いが書かれていて、麻子は二人がおもいあっていたことに気づきます。

その後彼が飲酒運転をしたことで教師の職を失ったことで、将来が不安になった麻子は彼のもとを離れ、子供ができない病気のため跡取りが欲しいから結婚して欲しいといわれた今の夫と結婚しエミリを産んでいたのです。

 

エミリが隠れ家に隠していたのは、本当の父が麻子に渡した指輪と、エミリが麻子が書いたと勘違いした秋絵の遺書でした。

これをみたエミリの本当の父南条が大切な女性を麻子が自殺に追いやったと考え、麻子が大切にしている娘エミリを殺害したのです。

本当は自分がその父親だと気づかずに・・・

 

 

麻子は由佳と話した後、南条の元を訪れこの真相を伝えに行きましたがその後南条がどうなったかは書かれていません。

 

南条がもっと早く本当に好きなのは秋絵だと告白しておけばよかった話で、それなのに恨んで、しかも麻子ではなく麻子の娘を殺すなんてひどすぎる。しかもレイプまでして・・・

 

 

最後

事件のあった小学校に真紀と由佳が来ます。

結局紗英は正当防衛、晶子は心神喪失が認められそうであること。

真紀は執行猶予付きの暴行罪、由佳は事故で押し通すことが語られ、不幸ではあったもののこれから人生を歩み直そうってところでお話は終わり。

 

この本はこんな人におすすめ

  • 思いっきり読んだ後に嫌な気分になりたい人

 

 

 

ドラマ化されています

キャストがとてもあってると思いました。

面白そうなのでみてみたい。
足立麻子…小泉今日子
菊池紗英…蒼井優
篠原真紀…小池栄子
高野晶子…安藤サクラ
小川由佳…池脇千鶴
青木弘章…香川照之

贖罪 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

贖罪 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]