ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

うちの息子ってヘンですか?  小崎恭弘

 

 

うちの息子ってヘンですか? 男子育児のしんどさが解消される本

うちの息子ってヘンですか? 男子育児のしんどさが解消される本

 

 

 

内容紹介

「大好き」でも「わからない」息子の胸の内

12年の保育士経験、男子3人の父親である著者が披露するエピソードは、笑ってしまうほど当てはまることばかり!?
「わが息子の個性」と思っていた部分は、ほとんどが「男の子」の習性だと気づくはず。

「どうしてそう捉えた?」と笑える話から、ちょっと涙腺が緩んでしまうかわいいエピソードまで……。
本書を読めば、笑えて、心がほっこりして、今日からまた元気に息子に向き合いたくなるはず! 

当然ですが、お母さんたちは「女の子」を生きてきて、息子たちは「男の子」を生きています。
おまけに、「大人と子ども」という違いもあります。
「そんなの当たり前でしょ」と頭ではわかっていても、では、どう違うのかを理解するのは、意外に難しいもの。

この本では、「男の子とはこういうもの」というパターン分析を施し、
男の子が何に心を動かされるのかを解き明かしていきます。
息子の心の内を、ある程度予測することができれば、育児の空回りが防げます。

【本書の特徴】
1.役立つ ……元保育士、3男の父でもある「男子のプロ」が徹底解説
2.笑える ……アホで愛おしい男の子たちの「あるある」エピソード
3.心がほっこり……かわいいエピソードに癒される/「大好き」と「わからない」という葛藤から一歩抜けて、前向きな気持ちに

 

 

まとめ

私は女性で自分の娘には「私もこういう時代があったなぁ」と追体験できるが息子に対してはどうだろう。やっぱり男の子だと違うのだろうか?と思っていた時に出会った本。

 

子供には男女関係なくひとりひとりの個性があるがそれでも男の子ならではの特性があると著者は思っていて、その特性について書いてありました。

 

ただその特性は我が子にはあてはまらなかったりもしたので、どやっぱり男女差は親や周りがの影響で現れてくるだけじゃないのかなーどうなんだろう。

 

著者が考える男の子特性

男の子はおたく ・・・△

うちの子はあまりオタク要素がない。結構飽き性。

「他人にすすめられたものに興味を持てません。」

も全然そんなことない。

なのでいまいちピンとこないなぁ

 

ここでのまとめは あそびから学ぶ力を

 

男の子はがさつ ・・・△ 

お道具箱の中とかぐっちゃぐちゃだし当てはまってる部分もないことはないけど、思考するより行動が先に出る!がうちの子にはむしろ全くできない。とりあえず考えてしまい最初の一歩を踏み出すのに時間がかかるタイプ

(とこの本をを読んだ頃には思ってたんだけど最近とりあえず動いてることもあるな)

 

ここでのまとめは一緒に片づけをして最後に一つを息子にやらせるなどお膳立てをしてあげること

 

男の子は声が大きい・・〇 

女の子に比べると男の子の方が脳の言語をつかさどる部位の機能の成熟が遅いなので自然と声を大きくして伝えようとしてしまうとのこと

 

これはうちの息子もそう

 

とにかく声が大きい。

で大きな声で注意するから私の声も大きくなり

の無限ループ

 

ここでのまとめは母親が声を小さくする

 

男の子はプライドが高い〇

失敗を許せない。これはあります。問題とかも1問まちがえるだけですべて投げ出してます。

 

 

ここでのまとめは プライドが崩れた時はほめる

 

男の子は下品  ・・・△ 

うんちとかおしりとかは好きですが、娘も好木です。

そしてすぐ脱ぐやおしっこを飛ばすやカンチョウ好きは全く当てはまりませんでした。

 

 

ここでのまとめは、軽く流す

 

男の子は戦う  ・・・× 

息子はそんなヒーローごっこにはまったりしなかったなぁ、

 

 

ここでのまとめはヒーローごっこは邪魔せず一緒に

(ヒーローごっこではないですが一緒に相撲したりはしています)

 

男の子は芸人  ・・・× 

息子はめっちゃ恥ずかしがります。

でもはしゃぐときはあほなこともしてるかなぁ。

でもこれも娘の方がずっと芸人。

 

ここでのまとめはほめて笑って喜んで自尊心を

 

男の子は純粋  ・・・△

例として好きなものは好きと頑固であることや集中力が高いことなどがあげられているけど息子はそんな感じではないなぁ。

ここでのまとめは子供の純粋さを頑固などの否定的なとらえ方ではなく気持ちがまっすぐのように長所としてとらえてみる

 

男の子はママが好き・・◎ 

息子はママ大好き。だから独占欲で娘とのけんかが勃発してしまう。

 

ここでのまとめはママ好きからママの好きなものを僕も一緒に好きになる、例えば、他の兄弟と一緒に息子を褒めることで息子は兄弟をライバル視しなくて済む

 

 

男の子のしつけ

  • 一呼吸置く
  • しつけのルールを決める(手を出さないとか、2回は注意3回目で叱るなど)
  • いざとなったらあきらめる

 

褒め方叱り方

これはよく育児書に書いてある

物でつらない、感情的にならない(叱ると怒るを混合しない)、人格を否定しないなど