ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

映画「百円の恋」レビュー

 

百円の恋

百円の恋

 

 

 

 

百円の恋 特別限定版 [Blu-ray]

百円の恋 特別限定版 [Blu-ray]

 

 あらすじ

斎藤一子(安藤サクラ)は32歳にもなって、実家に引きこもり、自堕落な生活を送っていた。ある日、離婚して出戻り中の妹の二三子と大ゲンカになり、一子が家を出ることに。仕方なく、100円ショップの深夜労働を始めるが、そこは、様々な問題を抱える、個性豊かな底辺の人間たちの巣窟だった。一子の唯一の楽しみは、近くのボクシングジムで練習をする一人の中年ボクサー・狩野(新井浩文)を見ることだった。ある日、100円ショップに来た狩野からデートに誘われた一子は、初めてボクシングの試合を見る。それは狩野の引退試合だった。殴り合い、肩を叩き合う、ボクシングの試合に一子は強い羨望を抱き、自らもボクシングを始める。一方、引退試合で負けた狩野は自暴自棄になり、深夜の100円ショップに転がり込んでくる。そんな狩野を介抱するうちに体を重ねるようになり、二人の生活が始まるが・・・。

 

人生の転換点となった1作

あまり期待せずに見た作品。

見た後もそこそこ感動したけど、ものすごくはまったわけではない。

でもあとあとずーっとストーリーが刺さり続けている。

そんな作品です。

 

ボクシングはきっと私の人生にとっては対極にある。

見ることもほとんどないし、はまることもないと思う。

でも、最初のぼりぼりお尻をかく自堕落な生活でぶよぶよな体で家をごろごろしている一子は私だった。

なので目が離せなかったんだと思う。

コンビニで働いてからであった中年の狩野にときめくことが人生の喜びとしてる感じもわかる。

ちょっとつかめない感じがいいんだよね。わかるわかる。

けど当たり前のように狩野とはうまくいかなくて・・・

 

 

でそっからの一子がすごい。

というか安藤サクラがすごい

ボクシングにのめりこみどんどん痩せていき、最後はぼこぼこに殴られる安藤サクラがかっこよすぎる。

あれ?これ本当に殴られてる?ってくらいの迫真の演技。

 

あの一子があそこまでやれたなら私も頑張れる?ここまでじゃなくても少しはもう少しは頑張れる?って気にさせられます。

 

そして最後試合に狩野も見に来ていて、手をつないで帰るんだけど、そのせっかくものすごく成長したのにまた屑であろう狩野のやさしさにふれると急にそこを愛おしく感じる弱さも含め

なんかすごい揺さぶられました。

 

 

とにかくやる気が出ない時

どうしようもない自分に嫌気がさしたとき

にみると少し勇気とやる気をもらえます。

 

あと主題歌がクリープハイプの百八円の恋という歌なんですが

涙なんて邪魔になるだけで大事なものが見えなくなるから 要らないのに出てくるから余計に悲しくなる

っての

これも刺さる

 

 

とにかくいい映画でした