ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

どれくらい子供の習い事に使っているか 教育費平均を調べてみた話。

 

f:id:iikosodate:20190625115636p:plain

 

わが家の教育費


毎月家計簿をつけていて思いますがわが家は教育費割合が高い。

教育費の内訳はこんな感じ 

 

長男 

  • そろばん 
  • キッズデュオ 
  • スイミング 
  • 学童 
  • 給食費など学校教育費 

   

 

長女 

  • そろばん 
  • 保育園代
  • 短期スイミング

 

私 

  • 学校の授業料 
  • テキスト購入費 
  • コピー代
  • 受験料

 

私の資格取得のための費用が結構掛かっているのですが、それを省いたとしても結構使ってるようなということで平均と比べることにしました。

 

日本の家庭の教育費平均


日本の家庭の教育費の平均はこちらの

子供の学習費調査:文部科学省

文部科学省の調査でみることができます

隔年ごとの調査のため

 

現在は平成28年の調査結果を確認することができます

 そこから気になったデータをご紹介

 

年間の学習費用総額(学校教育費+給食費+学外活動費)の平均

 

公立幼稚園 23万4千円 私立幼稚園 48万2千円

公立小学校 32万2千円 私立小学校152万8千円

 

公立に比べると私立は

幼稚園では2.1倍

小学校では4.7倍

中学では2.8倍 

高校では2.3倍

かかっています。

 

 

わが家の場合は息子は公立小学校ですが、娘が私立の保育園児のため統計にはないので娘を私立幼稚園児として計算した場合になりますが

 

年間 48.2万円+ 32.2万円=80.4万円

月々6万7千円の教育費が妥当と言えます。

 

これと比較するのもありですが保育園代や学校に係る費用は、オーバーしていても削ることができないため、節約を考える場合は学外活動費のみに焦点を当てる方がいいかもしれません。

 

学習費総額の内訳

公立幼稚園 

学校教育費 51.5%

学校給食費 8.7%

学校外活動費39.7% ⇒9.3万 月換算8,000円弱

 

私立幼稚園 

学校教育費 66.1% 

学校給食費 6.2%      

学校外活動費27.7% ⇒13.4万 月換算11,000円

 

公立小学校 

学校教育費 18.6%

学校給食費 13.8%

学校外活動費67.6% ⇒21.8万 月換算18,000円

 

私立小学校 

学校教育費 57.0% 

学校給食費 2.9%       

学校外活動費40.1% ⇒61.3万 月換算51,000円

 

 

これによると、娘は保育園児のため学校教育費と給食費に当たる部分の値段は平均より高くなっていますがそれは節約のしようがなく、学校外活動費は通常はそろばんのみのため安く抑えられていることが判明。

 

息子はキッズデュオが高いので私立小学生並みに高いことが判明しました。ただこれは小学校3年までは続ける予定なので他の科目で節約します。

また小学校以降は習い事の中での塾代の割合が高くなってくると思うのでそういう意味でもまだ塾に通ってない子供たちの教育費はもうちょっと抑える必要があるのかもしれないと思いました。

 

学習費総額の15年間の内訳

■ 幼稚園3歳から高等学校第3学年までの15年間について,各学年の学習費総額を単純合計すると,全て公立に通った場合では約540万円(前回調査結果は約523
万円),全て私立に通った場合では約1,770万円(同約1,770万円)である。
最も支出額が多いケース(全て私立に通った場合)は,最も支出額が少ないケース(全て公立に通った場合)の約3.28倍(同3.38倍)である。

 

これをみるとすべて公立の場合と私立の場合との差は3倍以上!!!

私立の場合は一人当たり2000万円近く必要になるということが

わかります

 

世帯収入のよる教育費

 

 ■ 世帯の年間収入別に学校外活動費を見ると,多くの学校種において,世帯の年間収入が増加するに連れて学校外活動費が増加する傾向がみられる。
特に高等学校(全日制)において,公立・私立ともに,世帯の年間収入段階による学校外活動費支出の差が大きい。世帯の年間収入が「400 万円未満」と「1,200 万円
以上」を比較した場合公立高等学校(全日制)では4.2倍(約 30 万円),私立では約3.7倍(約 34 万円)の差がある

予想通りではありますが、世帯収入が高い方が教育費が高い傾向にあることも気になりました。