ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

【習い事送迎問題解消】小1の息子夏くらいから一人で電車に乗れるようになりました。

習い事の送迎問題

子どもの習い事は何が大変ってとにかく送迎。

とくに我が家は保育園がかなり遠く(バスと電車に乗る)正直保育園の送迎だけでいっぱいいっぱい

 

f:id:iikosodate:20190306094023p:plain

二人ともが保育園の時は保育園の近所に住む実母にそろばん教室に送迎してもらう+園内の有料教室+土曜日にスイミングという形で回していたのですが

 

このそろばん塾が子供も私もとても気に入っていて小学校になっても続けたい・・でもそろばん教室に通うためには電車に乗る必要が・・・というのが悩みでした。

 

 

 

www.xn--l8j1bc6fqgp016a.net

 

 

www.xn--l8j1bc6fqgp016a.net

 

 

 

子どもを一人で電車に乗せるための準備

息子がそろばんに行くためには

①小学校から駅まで歩く

②駅からそろばんの最寄り駅まで電車に乗る

③祖母(実母)に会う

という手順を踏む必要がありました

小学校から駅まで歩く

小学校から駅までの道のりはおよそ800m。

学校から自宅よりも近い距離にあります。

しかも学校を出てすぐに左折した後はずっと一本道

これは1度行けばすぐ覚えました。

(というか自宅に戻る途中で駅が見えているので間違えようがない)

 

駅からそろばんの最寄り駅まで電車に乗る

  • 電車は確実に座れる時間帯。
  • 二駅しか乗らない
  • 降りる場所が終着駅(乗り過ごす心配がない)

と比較的楽な移動

 

  • キッズ携帯をもたせる
  • 電車に乗る前に必ず祖母に電話することを約束
  • お金については持ち歩くと紛失しそうだったので、キッズ用のPITAPA(ICOCAやPASMOのようなもの)を用意しました。

 

 

レイメイ藤井 パスケース よく見える 反射パスケース Studymate ブルー GLP609A

レイメイ藤井 パスケース よく見える 反射パスケース Studymate ブルー GLP609A

 

 

 

 

 祖母(実母)に会う

駅で祖母にあう

この①~③の工程が一人でできるように、土日に「駅まで一緒に歩いて、電車に乗る直前まで見送る、電車にのったことを母に伝えて駅で待っていてもらう」という予行練習もしました。

 

トラブルシミュレーションをしておきました

とりあえず、電車に乗れることがわかった後は想像できるいろいろなトラブルとその対処法を子供に教えておきました。

 

もしも乗る電車を間違えたら

すぐに次の駅でおりて電話をかける

 

もしも電車で忘れ物をしたら

とりあえず祖母にあって忘れ物をしたことを伝える

 

もしも電車やホームで困ったことがおきたら

車掌さんか近くにいる大人に自分から声をかける

防犯ベルを引っ張る

 

もしも知らない人がママの話や祖母の話をしてきたら

絶対ついていったりしないこと

ママが入院したりしても誰かに「〇〇君(息子)を病院に連れてきて」と頼むことはない

どれだけ忙しくてもママや祖母の代わりを頼むことはしない

 

もしも乗る前にピタパがないことに気づいたら?

そのまま祖母に電話して家に帰る

 

もしも降りる時にピタパがないことに気づいたら?

改札にいる祖母にそのことを伝える

 

もしも体調が悪くなったら?

電車にのらずにママか祖母に電話をする

乗った後なら終点で祖母にあって伝える

トイレを失敗したときも同じ。

 

もしも何かを拾ったら?見つけたら?

駅員さんに知らせる。絶対に触らない。

 

 もしも携帯を忘れたら?もしくは電池がなくなってたら?

いつもの電車に乗れるなら改札で祖母が待ってるのでそのまま乗る

時間がいつもと違う時は家にそのまま帰る。

 

もしも途中で地震等がおきたら?

家の最寄り駅もしくはそろばんの最寄り駅ならその場所で待ってたら必ずママか祖母が迎えに来る。

間の駅でいたとしても、駅員さん(その人以外はダメ)に誘導されてどこか別の場所に移動したとしても必ず迎えに行くので誰かについていったりはしないこと

 

 

実際に挑戦してみて

最初の頃は行きは改札にタッチしていたけど出る時にタッチし忘れるということがあり後日私が駅で申告し支払うということが2回ほどありましたが、それ以外は特に問題なくできています

 

たまたま降りる駅が終着駅であることや、混雑していない電車であるということで比較的簡単にできるようになりましたが、年長時には集合ポストに郵便を取りにいくときですら怖くてついてきた息子が初めて一人で乗ったときに「一人で大丈夫だった!」とうれしそうに話してくれたのがとても嬉しかったです。