ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

【さすがの湯川】沈黙のパレード 東野圭吾

 

 

f:id:iikosodate:20190809150128p:plain

 

 

沈黙のパレード

沈黙のパレード

 

内容紹介

『ガリレオ、再始動!』
シリーズとしては、6年ぶりの単行本が、長篇書下ろしとして堂々の発売!

容疑者は彼女を愛した普通の人々。
哀しき復讐者たちの渾身のトリックが、湯川、草薙、内海薫の前に立ちはだかる。

突然行方不明になった町の人気娘・佐織が、数年後に遺体となって発見された。
容疑者はかつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。
だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。
さらにその男が、堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を「憎悪と義憤」の空気が覆う。

かつて、佐織が町中を熱狂させた秋祭りの季節がやってきた。
パレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたか。
殺害方法は?アリバイトリックは?
超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。

第一作『探偵ガリレオ』の刊行から二十年――。
シリーズ第九作として、前人未踏の傑作が誕生した。

 

あらすじと感想

 

8月8日に資格試験を受けていたため久しぶりの読書でした。

大人気のガリレオシリーズ。これもまた福山さんで映画化されそう。

勝手に3部にわけてあらすじを書いていきたいと思います

 

登場人物

  • 並木祐太郎 定食なみきやの主人 
  • 並木真智子 祐太郎の妻
  • 並木夏美  並木夫妻の次女 店の手伝いをする大学生
  • 並木佐織  並木夫妻の長女 歌手を目指していたがデビュー直前だった3年前突然姿を消す
  • 新倉夫妻  並木佐織を歌手にしようと育成していた
  • 戸島    並木祐太郎の小学校時代からの親友 冷凍食品の加工会社社長
  • 高垣智也  並木佐織と付き合っていた
  • 蓮沼寛一  23年前に優奈ちゃん誘拐&殺人の罪で捕まるも自白せず黙秘したことで無罪となっている
  • 増村    蓮沼の元同僚
  • 本橋優奈  23年前に誘拐され殺された12歳
  • 本橋夫妻  優奈の両親。会社を経営していたが優奈ちゃんの死後夫は癌で死亡。妻は自殺している
  • 堀内幸江  優奈ちゃんのおば

 

1部 自白しない犯罪者

 

ゴミ屋敷だった家で火災が起こり、焼け跡からそこに住んでいた老女とそしてもう一人知らない若い女性の白骨死体が見つかる

 

老女の方の死体は蓮沼寛一の養母、若い女性の遺体は3年前から行方がわからなくなっていた並木沙織だということがわかる。

 

蓮沼は23年前も、働いていた会社の社長の娘である優奈ちゃんを誘拐、殺害しているも状況証拠しかみつからず自白をしないため無罪になっている。

 

捜査一課の草薙はそのことにずっと心を痛めていたが、今回また蓮沼の周辺で若い女性遺体が見つかったことで今度こそ状況証拠だけではない形で蓮沼を逮捕したいと考えていたが・・・

今回も死体発見が行方不明になってから3年以上たっていて捜査は難航する。

 

2部パレード

一度逮捕されるも明確な証拠がないため釈放され蓮沼はその足でわざわざ定食なみきやにむかい店主である佐織の父親に無実の罪で捕まったから損害賠償しろと攻め立てる。

蓮沼は3年前定食屋で佐織に酌をさせようとしたり、町でも佐織の後を追ったりしていたので間違いなく犯人だと祐太郎は考え、司法が裁くことができないなら、せめて自分の手でと考える。

それは祐太郎だけではなく小さい頃から佐織の面倒もみてきた祐太郎の親友・沙織の歌手デビューを支えた新沼・沙織の彼氏だった高垣 みんなが同じ気持ちだった・・

 

そして町で行われる地域おこしのパレードの最中蓮沼は殺されてしまう。果たして犯人は????その殺害方法は?

殺害方法もよくわからない上に容疑者はそれぞれ鉄壁なアリバイがあり・・・・

 

3部ネタあかし

パレード前に草薙から二つの事件のことを聞いていて定食屋にも何度か顔をだしていた湯川。

祐太郎の親友戸島が冷凍食品の工場を経営していること蓮沼の住んでいた部屋には小さい穴があけれること等から徐々に真相に近づいていき・・・・

 

そして

容疑者Xの献身の時のように必ずしもガリレオ湯川が解く真実が皆を幸せにするわけではないっていうことが今回も起こります。

沈黙は決して保身のためだけではない時には人を守るための沈黙も…。ただ今回はそれでもなお沈黙を破る必要が出てきて・・・

 

感想

途中まではものすごくおもしろかった

 

状況証拠はものすごくそろっているのに沈黙しているだけで無罪になった蓮沼を次の事件を起こす前に草薙はガリレオに相談しておけよ~ってなったけど、第二の事件が起きてしまって、また自白しないで逃げようとする蓮沼。

そして佐織を愛していた地域の皆が容疑者で殺害動機もありでもアリバイもあるという状況。

そして変わった殺害方法とその材料を運ぶための方法。

さすがです東野圭吾。

 

でもでも

更にその後の真相、これは正直いらなかった

ここからめっちゃネタバレです

佐織をプロにすることで自分たちのかなわなかった夢を叶えたかった新倉夫妻と好きな人の子供ができたからやっぱり歌手辞めーたとなった佐織との温度差により喧嘩、そして不慮の事故。

っていうくだり悲しいっちゃ悲しいけどなんか陳腐過ぎません?

ただその後、佐織を襲うつもりだった蓮沼が気を失ってただけの彼女を殺害。また同じ沈黙という手で捕まらないようにして新倉さんをゆする蓮沼の悪さよ。。あんな悪い人は小説の中だけでお願いしたい。