ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

あーーなんだか惜しい 「女子」という呪い 雨宮処凛

 

「女子」という呪い

「女子」という呪い

 

 

内容

 この社会で「女子」たちは「女のくせに」と罵られ、なのに常に女子力を求められる。上から目線で評価され、「女なんだから」と我慢させられる。これはもう、呪われているとしか思えない! この理不尽さと生きづらさを「なんだか変じゃない?」と問いかけ、解決のヒントを探るエッセイ集。日本版#MeToo を応援する1冊。

●目次より抜粋
序:すべての生きづらい女子たちへ
第1章・オッサン社会にもの申す 
紫式部も悩んだ無知装いプレー問題とは?/キレる女性議員、のんきな「ちょいワルジジ」/ 藤原紀香結婚会見の妙/40代単身フリーランス(私)、入居審査に落ちる/理想の結婚相手は「おしん」だとさ 他
第2章・女子たちのリアルな日常 
「迷惑マイレージ」を貯めて孤独死に備える/アラフォー世代、おひとり女子のリアル/女地獄における比較地獄/必殺! 困った時のフランス人/化粧する女、化粧する男 他
第3章・「呪い」と闘う女たち 
AVで処女喪失したあの子の死/メンヘラ双六を上がった女/飛び降り自殺未遂者のY子さん/彼女がレズ風俗に行った理由/セーラー服歌人との出会い 他
第4章・呪いを解くことはできるか

 

感想

なんだか惜しいというのが感想。

女性が仕事をするときには家事も育児もできて当たり前なのに男性は育児を手伝うだけでイクメンと呼ばれる

等問題提起しておきながら、その後の文章で〇〇はイクメンと普通にイクメンっていっちゃってたり

なんだか文章というか考え方に一貫性がない感じがしました。

 

また、作者とほぼ同世代なんですが、私の世代は上司には男尊女卑な人が多くて、同世代も半分くらいは昭和の考え引きずってる言ったら最後の男尊女卑で嫌な思いをしまくってる世代だと思うのですが、彼女の若い時代が女子だからこそ生きていけたんじゃないの?むしろ女性であることのお得感をいっぱい受容してきたのに年齢重ねてそれが使えなくなった途端男尊女卑!男女平等!って言いだしてるんじゃないの?と思ってしまい同じ立場なのに共感しづらい面がありました。

 

 

でも、男尊女卑な男性は確かにこの世に存在する。

女性というだけでバカにされたことが、今まで何度もあった。

それはもうほぼすべての女性が体験したことがあることだと思う

 このあたりをもっとうまく書いて欲しかったなぁ。

 

 

逆に女性優遇制度等には疑問を抱いているところなどは共感しました。

男尊女卑をはき違えて女性を優遇しろという女性に対して政治家等が「はいはい女性優遇制度を作りましたよ」みたいなことを最近繰り返してますが、そうじゃないのよただただ平等でありたいのだよって

女性を特別優遇するからこそ差別になりうる。そうじゃなくて本当にフラットであってほしいと心から思ってます。

 

私の娘が大人になるころにはそういう世界であってほしいなぁ

 

 

 

 

 

ただこういうことを訴える時に、「いやそれは本人も悪いのでは?」って思うような事例を一緒に載せてしまってはダメだと思う。