ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

海賊とよばれた男 百田尚樹

 

 

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

 

 

 

海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)

海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)

 

 

内容紹介

すべてのビジネスマンに捧ぐ。
本屋大賞の話題作、早くも文庫化!

ページをめくるごとに、溢れる涙。これはただの経済歴史小説ではない。

一九四五年八月十五日、敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がる。男の名は国岡鐡造。出勤簿もなく、定年もない、異端の石油会社「国岡商店」の店主だ。一代かけて築き上げた会社資産の殆どを失い、借金を負いつつも、店員の一人も馘首せず、再起を図る。石油を武器に世界との新たな戦いが始まる。

石油は庶民の暮らしに明かりを灯し、国すらも動かす。
「第二の敗戦」を目前に、日本人の強さと誇りを示した男。

 

内容&感想

出光興産の生涯をえがいた作品

久しぶりに読み応えある小説でした。

実在する人物なので勉強にもなりました。
こういうことも歴史として授業でやればいいのになぁ
面白いしとてもためになる。

もちろんフィクションの部分もあるんだろうけど、かなり伝記に近い小説だった。
そのため知らない歴史だったので勉強にはなったけど、本当に本人しか知らない事実については、本にも書かれてないこともあり、そのあたりは純粋に小説を楽しみたい私としては少し物足りなかった。
できれば山崎豊子のように実際にあった出来事を丹念に取材した後それを元に一から小説をつくりあげるというスタイルをしてみてほしかった。


 

仕事人間というと、体壊すまで会社に尽くして、家族のことは顧みないでと悪いところばかり目についていたけど、この本を読むと戦後の復興はこういう人たちによって支えられてきたんだなって思えた。

このころは社長もそれこそ命をかけて社員を守っていて巨大組織ですら家族のような存在であったけど、その後復興とともにその家族の部分はなくなったのに仕事だけは変わらず死ぬ気で頑張れという感じになりそれでも好景気の時はよかったけど・・・という感じで現在の流れになってるんだろう。

どこかでまたいい感じで均衡がとれるといいな。