ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

リカの物語の10年後 リターン 五十嵐貴久

 

 

 

リターン (幻冬舎文庫)

リターン (幻冬舎文庫)

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

高尾で発見された手足と顔がない死体は、十年前ストーカー・リカに拉致された本間だった。警察官を殺し、雲隠れしていたリカを追い続けてきたコールドケース捜査班の尚美は、同僚の孝子と捜査に加わる。捜査が難航する中、孝子の恋人、捜査一課の奥山の連絡が途絶えた。彼の自宅に向かった二人が発見したのは…。『リカ』を超える衝撃の結末。

 

 

内容&感想

リカの事件の10年後のお話。

 

高尾で発見された遺体は手足・目鼻口が切り取られた死体で、解剖の結果10年前リカに拉致されて行方不明だった本間と判明する。

死因は食べ物を喉に詰まらせた窒息死。

 

10年前出会い系でストーカーリカと知り合い最終的に手足口目鼻舌を切り取られ拉致されたリカ事件。

 

10年間リカを探し続けるも手掛かり一つみつけられなかった警察は今度こそリカを捕まえようと大規模な捜査を始める。

 

主人公はコールドケース捜査班の尚美。

尚美は過去本間と共にリカを追い詰めるも最後の最後で本間を拉致されてしまいリカを逮捕することができなかった本間の残されたパーツの第一発見者で現在は発狂して植物人間の状態になっている菅原刑事を父のように慕っている。

 

そして尚美の親友で同じ刑事の孝子。

彼女は同僚の刑事奥山と恋人関係にある。

 

捜査はすすめていくもなかなかリカのアジトは見つからない。

そんな時孝子は恋人の奥山と連絡が取れないことを心配し奥山の住んでるアパートに見に行くことにしたが。。。。。

 

 

ここからネタバレ

奥山のアパートに行くと、奥山は首が切断され目鼻口等が切り取られた状態で死んでいた。

 

奥山は本間を失ったリカがまた出会い系で次の対象をみつけると踏み、出会い系でリカを探していた。

そしてリカを発見し、リカを逮捕しようと試みるも返り討ちにあっていたのだ。

 

孝子は奥山の復讐をするため、尚美の助けを借りて独自に再度リカに接触を試みる。

リカと待ち合わせすることに成功した孝子と尚美はそのことを警察に報告したくさんの警察官が見守るなか待ち合わせ場所である駅に向かうが、今度は尚美が拉致されてしまう。

 

尚美の目がくりぬかれたところで孝子がリカのアジトをみつけ尚美はギリギリのところで助けられリカは死亡する。

 

怪物がようやくなくなりほっとするも・・・・・・・

 

 

ラスト。尚美は植物状態の菅原刑事を引き取ることにする。

これで菅原刑事は私だけのもの愛してる

とほほ笑む尚美。

また新しいリカの誕生をにおわせて終わり。

 

 

五十嵐さんの本はものすごく読みやすい。

一気に読んじゃいました。

ようやくリカが死んだと思ったらまた新しいリカの誕生??怖いよー

となりましたがリカのような強烈なこわさはなかったかなぁ。

 

後、気になったのが、尚美が拉致後に、本間の居場所を聞くリカに気丈に「本間は死んだ!」と言い続けるシーン。

目をくりぬかれようとしている中で正気ではないリカにそこまで本間の死の事実を伝える必要あるのかな?

適当に本間さんまだ生きてるけど私を傷つけたら場所教えることできないとかいっておけば、時間を稼ぐことができ目を失う必要はなかったんじゃないのかなぁ?

それとももうすでに新生リカとして狂い始めてるということをここでにおわせたかったのかな?

 

 

 

前回に比べると衝撃度はかなり下がっちゃったけど、生きてる貞子みたいな強烈キャラなので、映画化とかしたら大ヒットしそう

でもこのグロテスクな感じは映画化はむりかな??