ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

【リライト記事】馬渕教室の学力判定テストを受け、入塾説明会に参加した話。

馬渕教室の学力判定テストをうけてみた(小学2年生)

f:id:iikosodate:20190920092200p:plain

 

www.xn--l8j1bc6fqgp016a.net

 

 希学園の公開テストを受けた次の週。

 

今度は馬渕教室の学力判定テストに挑戦してきました♪

 

校舎は通いやすい2か所で迷ったのですが、とりあえず現在の習い事に近い方の校舎。

 

受付はネットで簡単に。

f:id:iikosodate:20190920092501p:plain

 

模試の3日前までにネットから申込すれば完了

 

自動返信の受付メールが届き、次の日には折り返しの電話がありました。

 

丁寧な感じの人で簡単に受付終了。

 

 

希の場合は受験票と練習問題が送付されてきましたが、馬渕は当日まで特に何もなしでした。

 

受験当日

テスト当日長男と保育園児の娘を連れて塾に訪問。

 

塾の入り口に5人くらいの方がたっていて名前をいうと部屋まで案内してくれるシステムになってました。

 

ネット申込の場合はここでさらに申込用紙に記入する必要があるらしく、申込用紙に記入。

 

ここで、息子とはお別れし娘と二人で時間を潰す予定だったのですが、入塾説明会を受けませんかと塾長(後で判明)に誘われて入塾説明会を受けることに。

 

説明会の参加者は私を含め3組でした。

 

 

入塾説明会の内容

前半は、塾長による中学受験の実績についての説明。

  1. 関西は関東より中学受験が熾烈を極めている
  2. 私立中学の受験率は全体の10%ほど
  3. 私立中学の6割は定員割れ
  4. 関西は灘」を筆頭に「東大寺」「西大和」「洛南」「甲陽」「洛星」「星光」「神戸女学院」「四天王寺」が最難関となり、その後東大・京大に進む率もとても高い
  5. 馬渕はわかるまで帰らせない等の馬渕教室の教育理念

 

中盤 模擬授業

灘で出された算数の問題プリントが配られていて、その解答解説でした。

この問題が難しい!

先生はわかりやすく説明してくれてるものの「こんなのはわかって当然だとおもいます」というのが根底にある感じの話し方で一度ついていけなくなるとその子は置いて行かれそうだなと感じてしまいました。

 

後半 社会の模擬授業

今度は黒板に写真等を投影しパソコンを使った授業の模擬授業。

これはわかりやすくていいなーと思いましたが、興味ないと寝てしまいそうだな

 

試験終了後

説明会が長引いたのか、説明会途中にどうやら小2の学力判定テストは終わった模様

 

ただ、私が説明会を受けていることは塾長も知っていることなので、てっきり引き留めてくれていると思っていたら、まさかの引き留めていなくてそのまま息子はビルの外に出て行ってしまっていました。

 

3分ほどだったのですぐに見つかりましたが、もう少し注意してほしいなと思いました。

 

試験は国語・算数ともに40分。

 

試験問題は回収されたため結果はまだわかりませんが(1週間くらいで届くといっていたのでもうすぐ届く予定です)

本人的には希学園よりはできたようです