ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

読書の秋 子供たちが本を読みたくなる方法 小学生100冊読書日記 フィンランドメソッドで本が好きになる

 

 

f:id:iikosodate:20190925143628p:plain

子どもを本好きに育てたい

私は小さい頃から運動が苦手だったこともあり、更に多分あんまりたくさんお友達もいなかったこともあり(悲)基本昼休みは図書室にいました。

そして現在に至るまで本が大好き。

 

一歩も歩かずに世界中のことを知れて、人生路頭に迷った時もすぐに不幸のヒロインになりたがる私に狭い視野で物事を考えないようにと教えてくれます。

私の人生では役に立ってます。

 

なのでできれば子供にも本好きになってほしい。

 

でも息子はあんまり本が好きじゃないんだよなぁ

ってことでこんな方法でたくさん本を読んでもらうことにしました!

 

コンプリートする楽しさで読書好きに。

 

息子はゲームが大好きなので、ゲーム感覚で読書を楽しめるこの本を使ってみることに

小学生100冊読書日記―フィンランド・メソッドで本が好きになる (RYU SELECTION)

小学生100冊読書日記―フィンランド・メソッドで本が好きになる (RYU SELECTION)

 

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

国語教育が世界で注目されている、フィンランドの小学生が使っている「読書日記」を参考にして、日本の小学生も楽しみながら、読書ができるようにつくったものです。この「読書日記」は、表紙シールを貼り付けるとともに、一言感想を書くようになっています。感じたことをかんたんに書いて、シールを貼る。本を読むたびに日記にシールが増えて…。読書の習慣が自然に身についていくことを考えた、画期的な「読書日記」です。

 

 

 

 

 

感想

これはよい!

本の中には小学校3年から読むのにおすすめな100冊分の絵本や本の表紙のシールが入っています。

シールをはって作者を書いて一言感想を書くようにするというもの。

 

 

 

本は小学校1年生からでもよめそうな本「100万回生きた猫」等も入っていてちょっとずつ進めていくなら小学1年生からでも楽しめそうです。

 

息子は早速すでに読んだ本を何冊かシールをはって感想を書いてしてました。

 

 

 

色々な種類の本が読めて本好きではない子にこそおすすめです♪