ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

オンライン英会話を始めてみる 子供オンライン英会話比較編③hanasokidsの無料体験受けてみた

 

f:id:iikosodate:20191028110954p:plain



 

オンライン英会話を選ぶうえで私が考える重要ポイント

 

  • ネイティブの先生かどうか
  • 続けやすいカリキュラムか
  • 予約やキャンセルのしやすさ
  • 家族でシェアできるかどうか
  • 値段は手ごろか

 

hanasokidsでは

  • ネイティブの先生かどうか ⇒フィリピン人講師
  • 続けやすいカリキュラムか ⇒レッツゴー教材&オリジナル教材
  • 予約やキャンセルのしやすさ⇒予約簡単キャンセルは30分前
  • 家族でシェアできるかどうか⇒シェア不可
  • 値段は手ごろか      ⇒週1で2,800円月16回で8,400円

 

 

Let's Go: Fourth Edition Level 1 Student Book with Audio CD Pack

Let's Go: Fourth Edition Level 1 Student Book with Audio CD Pack

  • 作者: Ritsuko Nakata,Karen Frazier,Barbara Hoskins,Carolyn Graham
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press (Japan) Ltd.
  • 発売日: 2012/04/01
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

hanasokids 基本情報

hanasokidsは子供専門のオンライン英会話スクール。

無料体験レッスンは25分×2回です

 

対象年齢 4歳から15歳 子供専用の授業です
レッスン 1回25分 マンツーマン 
料金プラン 週1(2,800円)から週2(4,600円)さらに月12回・月16回の回数制あり
家族共有 シェア不可
講師 フィリピン人講師
対応教材 レッツゴー教材やオリジナル教材
通信方法 スカイプ
支払い クレジットカード
予約・キャンセル 予約は5分前までキャンセルは月額プランは30分前(追加チケットは24時間前)
英検対策 英検対策はなし

 

公式サイト

 

実際にhanasokidsで体験授業を受けました

hanasokidsに新規登録して早速体験授業をうけてみました

予約をとる

まずは会員登録して予約をとります

予約はこんな感じ↓で見やすくて取りやすいです。

f:id:iikosodate:20191028112556j:plain

f:id:iikosodate:20191028112609j:plain

f:id:iikosodate:20191028112621j:plain


5分前までとれるというのがありがたい。
隙間時間に受けることができました。

 

今回は

1回目が「レベルチェックテスト」

2回目を「体験レッスン用テキスト2」にしてみました。

 

スカイプをダウンロードしておき、IDを通知しておくと

(最初の新規登録時にIDを入力する場所がある)

f:id:iikosodate:20191028112828j:plain

先生からスカイプの連絡先追加リクエストが届き

時間になると電話がかかってくる仕組みです

 

f:id:iikosodate:20191028112919j:plain

 

 

 

 

実際に体験授業をうけてみてわかったいいところ

  1. 料金プランがわかりやすい
  2. 予約が簡単にできる
  3. 日本語が上手 子供向けの先生
  4. キャンセルが30分前まで可能

料金プランがわかりやすくて安い!

無料と有料のプラン表料金プランは週プランと繰越可能な回数プランがあります。

回数プランの方が繰越が可能で予約も1コマではなく2コマできる特典があります

回数プランは 

月4回 3,000円

月8回 5,000円

月12回6,800円

月16回8,400円

 週プランは

週1回 2,800円

週2回 4,600円

同じようなシステムのリップルキッズと比べると

 

週1プランではhanasokids

週2・週3(hanasoの月12回)・週4(hanasoの月16回)プランではリップルキッズ

お得になります

 

 

予約が簡単にできます

お気に入りの先生等が出てきた場合は別ですが、とりあえず最初のうちは予約に苦労することはなさそうです。

 

予約はリップルでは13日前からhanasoは7日前です。

 

 

 

日本語が上手

先生はとても優しそうでした。

そして日本語がとても上手(今のところ3社で一番上手でした)

 

「ハロウィンとかどうするの?」等も日本語で聞いていました。

 

小さくてまだまだ英語がほとんど話せない場合なども安心して受けれそうです。

急なキャンセル対応が可能

予約は5分前までキャンセルは30分前まで可能です。

リップルキッズはキャンセルが4時間前までだったのでかなりここはいいなぁとなりました。

(チケットを別途購入した場合のキャンセルは24時間前まで)

 

 

 

実際に受講してみてわかった いまいちポイント

  1. 幼児向けの授業内容
  2. 市販のテキストを購入しないといけない
  3. レッスン後の感想等が全くない
  4. シェアできない

幼児向けの授業

授業の進め方は3歳から5歳くらいのお子さま向け。

保育園の先生のような話し方です。

 

 

市販のテキスト購入が必要

オリジナル教材は教材としてはあんまり充実してないかなぁと感じました。

なので基本はレッツゴーを購入していく方法になりそうです。

またスカイプでテレビ電話をしながら、手元にテキストを置く形式になるので、慣れが必要に感じました

 

Let's Go: Fourth Edition Level 1 Student Book with Audio CD Pack

Let's Go: Fourth Edition Level 1 Student Book with Audio CD Pack

  • 作者: Ritsuko Nakata,Karen Frazier,Barbara Hoskins,Carolyn Graham
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press (Japan) Ltd.
  • 発売日: 2012/04/01
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 レッスンの感想等がない

レッスンを受けた後の講師レビュー等が一切ありません

子供がどんな授業を受けているのかなどが後で確認することができないのは優しくないなぁと感じました

 

シェアできない

 リップルキッズでは兄妹でシェアできたのですが、hanasoはシェアすることができません

値段が割高になってしまうことはもちろん、シェアできない場合は二つのアカウント(メアドも別)を取り別々に毎回ログインして予約していく作業が必要(さらにスカイプも別ID)になりそれが面倒に感じました。

 

www.xn--l8j1bc6fqgp016a.net

 

 

www.xn--l8j1bc6fqgp016a.net

 

 

 

まとめ

 

子供専用のスクールだけあって、体験した2の先生のどちらともとても子供慣れしていたように感じます。

 

ただ丁寧な分少し単価で考えると1回700円ちょっとかかるので、慣れているお子さんや小学校中学年以上の場合はもう少し安いオンラインスクールでその分時間数を増やした方が英語力があがるのではないかと思いました。

 

hanasoで受講するとしたら週3(12回)で息子のみ6,800円

リップルの週3で息子のみ6,111円より高いですが、繰越できる点はhanasokidsの方がよいと感じました。

ただし娘と息子を週2と週3でわけて習わせる場合はリップルだと週5で9,048円に対しhanasoの場合は11,800円(8回と12回を別に申し込む)となってしまいアカウントもわけないといけないと考えると不便に思いました。

 

 

hanasoはシェアできないところ。

リップルは週をまたいで繰越できないところ。

 

が欠点な気がします。

一人っ子ならhanaso。曜日と時間をある程度固定させることができる場合はリップルがお勧めです。

 

www.xn--l8j1bc6fqgp016a.net

 

 

 

息子の点数は4点