ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

【リライト記事】子供にかける教育費の平均額は?我が家の現在の教育費とこれからの教育費を考えた話

 

f:id:iikosodate:20191114094043p:plain

 

わが家の教育費 現状


毎月家計簿をつけていて思いますがわが家は教育費割合が高い

 

教育費の内訳はこんな感じ 

 

 

長男 

そろばん       3,000円+テキスト・テスト代
キッズデュオ     37,620円
スイミング       7,810円

スマイルゼミ      4,290円(1学年先取り)
学童          9,800円
給食費など学校教育費 約5,000円

その他テキストや本等 年間6,000円

   

合計 68,020円+α

 

長女 

そろばん       3,000円+テキスト・テスト代

スマイルゼミ     3,520円(1学年先取り)
保育園代       8,000円
短期スイミング等   年間20,000円ほど

その他テキストや本等 年間6,000円

 合計 16,686円+α

 

 

 

ここにさらに、私の資格取得のための費用が教育費として処理している分になります…。(授業料230,000円・テキスト代・毎週末のcafe代・コピー代等結構使っています)

 

 

f:id:iikosodate:20190625115636p:plain

 

教育費平均はこちら


日本の家庭の教育費の平均はこちらの文部科学省の調査でみることができます隔年ごとの調査のため、現在は平成28年の調査結果を確認することができます

 

そこから気になったデータをご紹介

 

年間の学習費用総額(学校教育費+給食費+学外活動費)の平均

 

 

公立幼稚園 23万4千円 私立幼稚園 48万2千円

公立小学校 32万2千円 私立小学校152万8千円

公立中学  47万8千円 私立中学 132万6千円

公立高校  45万8千円 私立高校 104万円

 

 

公立に比べると私立は

幼稚園では2.1倍

小学校では4.7倍

中学では2.8倍 

高校では2.3倍

 

かかっています。

総額で比較していますが、大きく変わるのはやはり授業料

 

習い事の費用小学校のみ私立が公立の2.8倍費用が掛かっていますが中学・高校は1.1倍1.6倍とあまり費用差はありませんでした。

 

ただ、保育園代や学校に係る費用は、オーバーしていても削ることができないため節約を考える場合は学外活動費のみに焦点を当てる方がいいかもしれません。 

学校外活動費 

  • 公立幼稚園 9.3万   月8,000円
  • 私立幼稚園 13.4万 月11,000円     
  • 公立小学校 21.8万 月18,000円
  • 私立小学校 61.3万 月51,000円
  • 公立中学  30.1万 月25,000円
  • 私立中学  32万   月26,000円
  • 公立高校  17.4万  月14,500円
  • 私立高校  28.5万  月23,750円

  

これによると、娘は学校外活動費は通常はそろばんのみのため安く抑えられていることが判明。

 息子はキッズデュオが高いので私立小学生並みに高いことが判明しました。

 

総額はどれくらい? 学習費総額の15年間の内訳

ケース1 幼稚園から高校まですべて公立  5,400,716円
ケース2 幼稚園だけ私立         6,163,984円

ケース3 高校だけ私立          7,159,185円

ケース4 幼稚園と高校だけ私立      7,922,453円

ケース5 幼稚園・中学・高校が私立     10,468,884円

ケース6 幼稚園から高校まですべて私立   17,699,339円

 

ケース1とケース6ではなんと3.28倍差があり。

 

世帯収入のよる教育費

 

 世帯の年間収入別に学校外活動費を見ると,多くの学校種において,世帯の年間収入が増加するに連れて学校外活動費が増加する傾向がみられる。


特に高等学校(全日制)において,公立・私立ともに,世帯の年間収入段階による学校外活動費支出の差が大きい。

年間収入が「400 万円未満」と「1,200 万円以上」を比較した場合公立高等学校(全日制)では4.2倍(約 30 万円),私立では約3.7倍(約 34 万円)の差がある

予想通りではありますが、世帯収入が高い方が教育費が高い傾向にあることも気になりました。

特に高校で差が出るということは大学受験のための学習費用に差がでてるのかな?と感じます。

 

試算 来年以降の教育費

 

 

長男  小3

そろばん          3,000円+テキスト・テスト代
オンライン英会話      6,336円

空手            7,150円

スマイルゼミ        4,510円(1学年先取り)

学童            9,800円 
給食費など学校教育費   約5,000円

その他テキストや本等平均月    500円

   

合計 68,020円⇒36,296円!

 

※キッズデュオをオンライン英会話にかえたことでかなり抑えることができました。

スイミングは本人が1級で終わりたいとのことなのでスイミングの代わりに空手に通うことを考えています。

スマイルゼミ・学童は小3までで終わる予定です。

代わりに小3の2月からは塾代がプラスされます。

 

 

長女 

そろばん         3,000円+テキスト・テスト代

スマイルゼミ       3,410円(1学年先取り)
スイミング        7,810円

給食費など学校教育費  約5,000円

学童           6,300円

その他テキストや本等平均 約500円

 合計 16,686円⇒26,020円

 

※娘は保育園代が学校教育費+学童に変わるため

またスイミングに定期で通うことになるため増額となります。

なれたらオンライン英会話も入れていきたいです。

 

まとめ

とりあえず私が試験に合格するのが一番の節約ということに気づく。

頑張ります。