ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

老後の資金について考えているお話 その1 iDeCoと積立NISAどっちを選ぶ編

f:id:iikosodate:20200122145935j:plain

子どもの教育費がこれからかかってくるところですが同時に考えないといけないのが・・・

 

子どもの教育費がこれからどんどん上がってきそうですが、同時に考えないといけないのが私の老後の資金

 

子どもが育ったら時点でぽっくり死ねればいのですがそうもいかないので子供に迷惑かけないように老後の資金について考えています。

 

現状

現在正社員として働いているのですが、事務所に社会保険への加入義務がなく、私は厚生年金ではなく国民年金を支払っています

 

なので受け取れることができる年金だけでは日常生活を営むことさえ不可能

 

なので今のうちに資金をためておく必要があります。

 

今回はiDeCoと積立NISAについて考えてみました

積立NISAの特徴

  • 非課税となる期間は最長で20年間
  • 投資限度額は年間40万円
  • 対象商品は一定の投資信託等
  • 投資額は100円からOK
  • 引出し制限なし!
  • 投資からえた運用益のみが非課税対象の範囲

 

iDeCoの特徴

  • 非課税となる期間は60歳まで
  • 投資限度額は年間14.4万から81.6万
  • 対象商品は投資信託以外に定期預金や保険などもある
  • 投資額は5000円からOK
  • 60歳まで原則引出し不可
  • 運用益と積み立てる掛け金の全額が非課税対象

 

私は現在40歳なので最長20年でも60歳まででもほぼ変わらず。

投資限度額も考えている額はどちらも限度額範囲内

 

なので考えるべきは

引出しがいつでもできるつみたてNISA

運用役だけではなく掛け金も全額所得控除の対象にになってくれるiDeCo

 

 

ということで特に引き出さなくてもいい金額のみを積み立てることにするため今回はiDeCoにすることにしました。

 

まとめ

60歳まで使わない資金なら掛け金も所得控除の対象となるiDeCo

60歳までに住宅や教育で使う可能性のある資金なら積立NISA

で洗濯するのをおすすめします

 

 

 

 

 

おさらい iDeCoのメリット  節税効果

Nisaは運用益が非課税になるだけだけど、iDeCoは運用益が非課税になるだけでなく掛け金が全額所得控除の対象になる。

これが一番大きいメリットじゃないかな?

 

さらに受け取るときも、60歳以上になった時にiDeCoは年金として分割して受け取る場合は公的年金等の控除が、一時金として受け取る合は退職金と合算して退職金控除を受けることができるというメリットがあります。

 

おさらい iDeCoのデメリット 60歳まで引き出せない

iDeCoは、NISAとは違い原則として60歳まで引き出すことができません

(私が死亡した場合や、高度障害状態になった場合は脱退を理由に引き出すことは可能だけど通常は不可)

 

なので子どもの養育費やもしもの怪我が病気のための資金以外余剰資金しかiDeCoで運用できない。

 

やるにしても最初によーーーく検討が必要ということになります。

 ただこの引き出せないことによりiDeCoは自己破産しても没収されないし離婚時の分割財産にもならないというメリットもあります。

 

 

さらにさらに iDeCoのデメリット 手数料がかかる!

加入時

国民年金基金連合会に2,829円払って口座開設する必要があります。

 

合計 2,829円

 

 

口座管理の手数料

そしてその後も国民年金基金連合会に口座管理費用として月105円委託先の金融機関に66円必要。

 

合計 171円

※さらに利用金融機関ごとに異なる手数料が必要な場合あり

※掛け金を新たに拠出せずに過去に積み立てた年金資産の運用のみを行う場合も66円は必要

 

 給付時

iDeCoで積立た年金資産の給付を受ける時

合計 440円

 

 

 

 

 

さらに忘れてはならないiDeCoのデメリット 元本割れの可能性

iDeCoは公的年金と違うので元本保証がない。

 なので当然、元本割れを起こすリスクがあります。

(元本保証型の商品もあり)

よくよく考えて商品を選ぶ必要があります。

 

 

iDeCoを始めるなら?

①口座管理手数料が0円のところを選ぶ

デメリットで説明した運用時の口座管理手数料の金融機関分がゼロのところがお勧め(銀行により0円から500円くらいまでばらつきあり)

②商品が豊富にあるところ&気になる商品の信託報酬が低いところ

 

 

ということで

  • 楽天証券 手数料0円投資信託31本

www.rakuten-sec.co.jp

  • SBI証券手数料0円投資信託 セレクトプラン36本(他にオリジナルプランあり)

www.sbisec.co.jp

がおすすめです