ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

子ども同士のトラブル 親がどこまで介入すべきかを考えてみました

f:id:iikosodate:20200304104018j:plain

悩んでいます

通っている保育園は小学校とは全然違う場所にあり、保育園から同じ小学校にいくお友達はいません。

そのため上の子も下の子も卒園間際はやっぱり少しナイーブになります。

 

上の子はとにかくよく拗ねていました。

保育園の1か所に息子専用の「おこもりスペース」なるものがあるくらい。(そこにこもって拗ねていた)

 

下の子は上の子に比べて社交性が高く安心していたのですが、最近になってお友達関係に悩んでいるようです。

 

いわゆる女子らしいと言われるようなちょっとしたいじわるが原因。

 

ある程度はそういうこともお互い経験して成長していくものだと思っているのですが、今回は微笑ましくみてられないなと判断したので、保育園に

「お友達」をテーマに皆で話合ってもらいたいとお願いしてみることにしました。

 

子どもがトラブルにあったときの親の対処の仕方について考えたこと

子どもがトラブルに遭遇した時に、私は

「親として子どもにどう対処してあげたいか」と同時に

「自分が子どもだった時に同じトラブルに遭っていたら親にどうしてほしかったか」

を考えるようにしています。

 

というか最近そう考えるようになりました。

 

もう少し小さい時は私自身がその時の記憶がほとんどなかったために私が子どもに対して何ができるか何をしてあげたいかのみで考えていました。

 

でも年長や低学年の時にはすでに

  • ただ聞いて欲しい
  • アドバイスが欲しい
  • 何か解決して欲しい

と様々なパターンで親に色々なことを話していた気がします。

ただ明確にそのことを意識していたわけではないので、もちろんそのことを親に話すわけではなく、それなのに親の判断が自分の気持ちと違うと「いわなければよかった」となっていました

 

なので娘にも息子にもそういう気持ちが芽生えていると考えています。

 

 

子供達には自分がどうして欲しいかも伝えれたら言ってほしいと言っていますが、そうすると「おおごとにしないでほしい」という気持ちから何もしないでいいとなりがちです。

 

なのでもう一歩踏み込んで自分だったらどうして欲しかったかも判断材料の一つに入れるようにしています。

 

 

私は幼い頃、運動と絵を描くのは下手だけど後は天才だなと自分で思っている、かなり自信過剰な子で、その性格の悪さからそこそこ仲間外れにされたりなどのトラブルがあったのですが、それすらバカにしていたため、繊細で人に対して優しい娘とはちょっと考えが違うかもしれないですが、そこは娘の性格を考慮して

  • 裏で母が動いてくれて保育園のお友達と最後まで仲良くしていけたらいいな
  • でも誰かが怒られるのはかわいそう

というのが彼女の希望に近いのではないかと考え今回は行動することにしました。

 

中学生や高校生になれば友人関係の悩みはつきないと思いますがまだ幼いのでもうすぐある卒園式には笑顔でバイバイできるといいなぁと考えています。

そしてお友達はそして世界はまだまだ広いぞ

ということも合わせて娘に伝えていければいいなと考えています。

 

 

お手紙に書いた後こうなりました

 早速園では「お友達」について考える機会を与えてくれたようです。

卒園間近の忙しい時期にありがたいです。

 

また家ではあまりいいませんがやはり卒園がめちゃくちゃ寂しいらしく毎日何回も先生に「大好きだよ」といって抱きしめに行ってるらしく、そういう感情の波で余計に傷つきやすくなってるかもしれないと感じました。

 

今日は遠足(コロナの影響で園内で)ということで朝から楽しそうに出かけていきました。

後少し楽しい思い出が作れるといいなぁと思います