ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

イチゴ狩りに行ってきました 美味しいイチゴを食べるための5つの方法

イチゴ狩りに行ってきました

息子はメロンや桃がダメなどフルーツの好き嫌いが多いのですがイチゴは家族全員大好き!

ということでいちご狩りに行ってきました。

 

今回はここにいってきました

販売者のロゴひろびろ苺ファーム

さがほのかとやよいひめのどちらかを45分食べ放題です。 

駐車場がちゃんとあります。

受付をしたら番号札をわたされて番号ごとにバスにのったり歩いたりでそれぞれのハウスまで案内されました。

受付にはジャムや梅干し等も販売していました。

料金は税込で

中学生以上 1,700円

小学生   1,400円

3歳以上  1,100円

 

でした

 

おいしいイチゴの選び方

  • 根元まで色が赤い
  • へたが反っている
  • へたの緑が濃い
  • 種(実はこれがイチゴの実)が沈んでいる
  • 種まで赤い
  • 全体につやがある
  • へたの付近(首)が細い

また、水で洗うときはつけずに洗うことをお勧めするとのことでした。水につけたまんまだと水を吸ってしまい水っぽいイチゴになるそうです。

 

こんなものを持っていくとさらに楽しめます

そのまま食べてもおいしいイチゴですが、さすがにずっとイチゴだけを食べてると飽きてくる

ここの農園では持ち込み可ということでこんなものを持っていきました

 

  • 練乳
  • 生クリーム

 

イチゴだけでも十分甘いのですがこの二つがあると味を変えることができておすすめです

 

 

 感想

とっても大きなイチゴがたくさんなっていました。

娘のてのひらサイズのイチゴも!

でもとっても甘くておいしかったです。