ワンオペワーママの賢い子育て

ワンオペで小学校低学年と保育園児を育てるワーママです

お金に強い子どもの育てかた 日経マネー編

 

 

お金に強い子どもの育て方

お金に強い子どもの育て方

  • 発売日: 2019/12/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 お金&経営のプロが我が家で実践していること今日から始める新・マネー教室


日頃お金のことを様々な角度から考え尽くしている経営や家計、運用のプロ12人が我が家でやっている「お金に強い子供の育て方」をインタビュー。


≪目次≫
第1章   無駄遣いはダメ。ケチもダメ
  ◆パックン タレント
    スーパーでの買い物は、最高のお金教育   子供の年齢10歳、12歳
  ◆柴田陽子 ブランドプロデューサー
    応援してくれる人が増えるお金の使い方を教えたい   子供の年齢8歳、10歳
  ◆吉川淳子 ロイターニューヨーク・経済ジャーナリスト
    NYで人気のお金持ち学校から娘を転校させました   子供の年齢7歳



第2章   稼ぐ力を育てる
  ◆佐藤可士和 クリエーティブディレクター
    テレビCMを一緒に見ながら、制作費の見ながら、制作費の   子供の年齢12歳
  ◆森岡毅 マーケター、刀 代表取締役 CEO
    「強み」を見つけなさい。世界は可能性に満ちている   子供の年齢14歳、16歳、19歳、21歳
  ◆田中靖浩 公認会計士、文筆家
    いい学校なんて目指すな! 就活なんてするな   子供の年齢16歳、21歳、24歳
  ◆塚原哲 ファイナンシャルプランナー
    年商1500万円! 中学生起業家の息子が始めたビジネス   子供の年齢12歳、14歳
  ◆花輪陽子 シンガポール在住ファイナンシャルプランナー
    シンガポールで、野心も覚悟もある女の子に育てたい   子供の年齢5歳


第3章   お小遣いのあげ方、使わせ方
  ◆渋澤健 コモンズ投信取締役会長
    資本主義の父、渋沢栄一の玄孫が作るが作る   子供の年齢16歳、17歳、18歳
  ◆DUKE。 個人投資家
    トイレ掃除1回で50円。お小遣いは家事で自ら稼がせる   子供の年齢4歳、7歳、9歳
  ◆横山光昭 ファイナンシャルプランナー
    5女1男の家族会議で、毎月の収入を包み隠さず公開   子供の年齢7歳、10歳、14歳、17歳、21歳、23歳
  ◆井村俊哉 個人投資家、元お笑い芸人
    親の夢や仕事観はあえて何も与えない   子供の年齢2カ月、2歳、

 

感想&まとめ

子どもにもちゃんとお金のことを教えたい。

だって生きていくのにお金ってとっても大切だから。

でもお金についての教え方っていう本なかなかなくないですか?

なんならいつか私がそういう本を書きたい。

 

パックンがやっているスーパーでの教育。

わが家もやっています。

スーパーはお金に限らず子どもと勉強するのにもってこい。

旬について学ぶこともできるし算数の勉強もできる。

わが家でも最近はグラム当たりで安い方を選ぼうと息子(小2)と考えならが買い物したりしています。

また我が家も習い事の費用を子供達に開示しています。

これくらいかかっているということを話すただではないということを話すだけで責任を持ってほしいから。

ただ、お小遣いについて3分の1ずつ「使う・投資・寄付」をさせるという考えは日本にはない考えで新鮮でした!

うちでも少し方法を変えて取り入れたいです

 

佐藤可士和さん自然ほど五感を刺激するものはない。というのもその通りだと思います。

ただ教科書で学ぶだけではなくて、できるなら実際に土を触る教育をさせたいです。

お小遣いは中学からスタートさせるそうです。

 

 

森岡毅さんのお金のルールは

ルール1 お金は自由であるための力になる

ルール2 世界には自分の24時間だけで稼ぐ人と人の24時間も使って稼ぐ人(つまり資本家)の2種類がいることを知れ

ルール3 投資と投機は違う

ルール4 投資成果の9割は時間が左右する

ルール5 長期で成長する企業に厳選して投資せよ

投機ではなく教養としての投資を早く始める手助けをする

というのが方針らしい。

 

田中靖浩さんは勉強ができる人よりこれからの時代勉強が好きな人が強いと書いてられます。子供達には本だけは、無制限に買うらしい。

子どもに本を読めと言わずに本好きにさせるために面白そうな本を目の前にぶらさげる

わが家もよくやる手法です(笑)

若いうちは貯金なんかするな!というルールのもと育ったお子さんがちゃんと貯金をしているあたりに笑いました。

親が信念と愛情をもって子供を育てると、少々変わった子育てでも割と子供は真っすぐいい子に育つんだろうなぁと思いました

 

 

塚原哲さんの息子さんは12歳にして年商1500万円!

自分でPCを組み立てて販売しているらしい、すごい。

youtubeで息子の動画をみたお客さんが前払で料金を支払いそれで部品を買いそろえ組み立て発送するという販売方法。

それだけじゃなく付随してビジネス文書、梱包作業、宅配便の発送、確定申告の技術まで身についたらしい

天才。

海外旅行中に最初に日本円を渡し、それを両替し切符等の購入をする

等は子どもにさせるという方法だけでも見習いたいと思います。

 

 

本を読んで我が家についても 

 

正直にわが家のお金事情を話していくスタイルでやっていきたい

お小遣いについては、

小学校 お手伝いによる歩合制

中学校 基本2,000円に後はプレゼン次第

高校  基本5,000円に後はプレゼン次第

にしていきたい

など色々考えるきっかけになりました